電気ケトルの意味、仕組みと種類、ガスとの比較とコスパ、新製品 | 新常識発見で気分爽快!

電気ケトルの意味、仕組みと種類、ガスとの比較とコスパ、新製品

電気ケトルが使われるのはなぜ?

電気ケトルは種類が豊富

ガスに比べてコスパがよいのはどちらでしょう?

自宅や仕事先でお茶やコーヒーなどを飲む時にお湯を沸かすのに大活躍なのが電気ケトル!

前まではやかんでお湯を沸かしていたけれども電気ケトルの方が早くお湯が沸くので使っているご家庭も多いのではないでしょうか。

そんな電気ケトルについて調べて見ました。

︎電気ケトルの意味は

今や電気ケトルは無くてはならない物

そもそも電気ケトルとはなに?と思う人もいるでしょう。

電気ケトルとは、その名の通り電気ヤカンの事を言います。

何故か、電気ケトルと聞くとおしゃれに聞こえてきますね。

電気ケトルは名前の通り、お湯を沸かすことに特化したンプルな家電製品です。

︎電気ケトルの仕組みと種類は

いまや沢山のおしゃれケトルもある

電気ケトルは先ほども説明しましたがコンセントを差し込み電気の熱でお湯を沸かす仕組みです。

そんな、とても便利な電気ケトルですが種類も豊富です。

デザインや素材も選ぶポイントになります。

では電気ケトルは『ステンレス製、ガラス製、プラスチック製』の3種類があります。

もちろん、素材ごとのよって特徴もあります。

◎プラスチック製

最も多く使われてタイプです。我が家に最近デビューしたケトルもプラスチックタイプです。

特徴としては、本体が軽いく汚れが落ちやすいメリットがあります。

また、火傷をしにくいタイプでもあるので子どもでも安全に使いやいですが、デメリットとしては、細かい傷が付きやすいことと使い始めの臭いがきついことが挙げられます。

◎ステンレス製

ステンレスタイプは強度があり、耐久性が高くデザイン性がありスタイリッシュで高級感があるのがステンレスタイプです。

傷も付きにくく、汚れが落ちやすいのがステンレスの良いところをです。

しかし、難点なのがプラスチックよりも重い点です。

熱も帯びやすいため、表面がヤカンのように熱くなり火傷の危険性があります。

◎ガラス製

ガラスでできているので透明で、お湯の様子を目視できるのが大きな特徴です。

ガラス製なので臭いが移りにくくお掃除もしやすいのがガラスケトルの良いところです。

ガラスのデメリットは汚れが目立ちやすい点があげられます。

一言で電気ケトルと言っても素材によっては特徴やデメリットがあげられます。

︎電気ケトルの電気代は?ガスとの比較

意外と電気代は安い!

みなさんが心配になるのが電気ケトルの電気代ではないでしょうか。

電気ケトルでコーヒー1杯分約140mlのお湯を沸かす場合ですと約0.5円の電気代がかかります。一方、約0.8lのお湯を沸かす場合、電気代は約2.3円が目安です。

一方、やかんは一般的な電気ケトルと同様、保温ができません。したがって、電気代とガス代の比較は、沸かす際のコストに違いがあります。

やかんで1lのお湯を沸かす場合、1回あたりのガス代は約2円といわれています。

電気ケトルに比べ、やかんで沸かす方がわずかに安いと思われますが、ただし、やかんは沸かしすぎることが多くあるのでその点を考えると電気ケトルの方が電気代は安くなります。

︎電気ケトルの新商品は

これで毎日が快適

•ティファール「ジャスティン プラス 1.2L」


「あっ!という間にすぐに沸く」でおなじみのティファールはみなさんもご存知でしょう。

電気ケトルと言ったらティファールという方も!

「ジャスティン プラス 1.2L」は、必要十分な機能を備えたシンプル設計の電気ケトルです。

•バルミューダ「The Pot K02A」


高級トースターで有名なバルミューダの電気ケトル。注ぎ心地にこだわったノズルとハンドルの形は、湯切れがよコーヒーのハンドドリップに最適です。

デザインもシンプルでおしゃれなのが特徴です。

•LUCTUS 「SE6300」


本体にガラス素材を使った電気ケトル。

本体がガラスで出来でいるためか透明なので中の状態が確認できるだけでなく、ガラス製品の為におい移りが少ないところがポイントです。