ロコモティブシンドローム、サルコペニア、フレイルの違いと関係とは

フレイルは「正しく介入すれば戻る」という意味

単なる機能低下というより、そういう状態を表している

日本老年医学会というところが提唱している定義です。

「高齢者が筋力や活動が低下している状態(虚弱)」

これは、高齢者が、意図しない衰弱、筋力の低下、活動性の低下、認知機能の低下、精神活動の低下などの脆弱な状態になってしまうことがある、という意味です。

もうダメだ、というのではなく、こんな状態を経て寝たきりや老衰へ向かうから、ここで何とかしよう、という意味合いが強いように思います。

要するに、フレイルの概念を用いると、適切な介入を行えば、再び健常な状態に戻る可能性は十分にある、ということなんですね。

フレイルの状態は対応が急務

健康と要介護の中間状態

フレイルとは、海外で老年医学分野で使っている「Frailty(フレイルティ)」という言葉の日本語訳なんですね。

ただ、「Frailty」をそのまま日本語に訳すと「脆弱」や「老衰」になってしまうので、もう終末イメージが漂ってしまいます。

そこで、日本老年医学会が高齢者において起こりやすい「Frailty」という状態を日本語では「フレイル」と共通した日本語訳にすることを2014年5月に提唱したそうです。

ここには、「正しく介入すれば戻る」という意味があることを強調したかった、という背景があったと言うことです。

フレイルの定義

フレイルは、厚生労働省における定義では次のようになります。
「加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態であるが、一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態像」
これは、健康な状態と日常生活でサポートが必要な介護状態の中間を意味しているそうです。

別の見方をすれば、高齢者の多くは、フレイルを経て要介護状態へ進むと考えてもいいわけです。

フレイルの症状

フレイルが発症すると、次のような状態が起こってきます。

・体重が減少する
・歩行速度が低下する
・握力が低下する
・疲れやすくなる
・身体の活動レベルが低下する

これら5つの項目のうち、3つが当てはまったらフレイルとみなすように定められているそうです。

フレイルの状態を放置してはいけない

フレイル状態の特徴

フレイルの状態は、まず、身体能力の低下が明らかになってきます。また、さまざまな病気にかかりやすくなり、入院など、ストレスに弱くなってきます。

たとえば、健常な人が風邪をひいたとしても、数日すれば治りますが、フレイルの状態になっているとこじらせて肺炎を発症したり、転倒して骨折をしたりするわけです。

さらに、入院によって環境の変化に対応できず、一時的に痴呆状態が起こったり、感情が不安定になったりします。

転倒による打撲や骨折、病気による入院をきっかけにフレイルからさらに進んで寝たきりになってしまうこともあるわけです。

フレイルが進行すると

加齢に伴う変化や慢性的な疾患によってサルコペニアになってしまいます。筋肉量・筋力の減少によって基礎代謝量が低下して、食欲が低下、低栄養になるんです。

また、サルコペニアによって、活力の低下が起こり、身体機能が低下していくんです。そこへ認知機能の低下など精神的な面の低下が加わります。

そうなると、活動量が低下し、社会的な側面にも障害がおこり、日常生活に重大な支障をきたすようになってしまうわけです。

このまま、日常生活に介護が必要な状態が続くと、ますますエネルギー消費量は低下し、食事量が低下して低栄養となる悪循環を繰り返し、フレイルが進行していくのです。

フレイルサイクルとは

要介護へいたる悪循環

先ほど説明した悪循環こそが、フレイルの怖さなんです。この「フレイルサイクル」にはサルコペニアがあります。

サルコペニアは、筋肉量が減少し、歩行速度が低下しているような状態のことで、フレイルの状態の中でも、筋肉に注目した概念だと言うことです。

サルコペニアについて

サルコペニアには、2種類あって、1つは加齢によるサルコペニア、もう1つは病気に伴って起きるサルコペニアです。

1.加齢や病気で筋肉量が低下しサルコペニアを起こす

すると身体の機能が低下し、足の筋肉量低下により歩行速度が落ちたり、疲れやすくなるため全体の活動量が減少することになります。

2.全体の活動量が減少する

すると、エネルギー消費量が減り、必要とするエネルギー量も減少してしまいます。動かないとお腹が空かないので食欲もなくなっていきます。

3.慢性的な栄養不足になる

加齢によって食事量が低下し、食欲低下も加わって慢性的に栄養不足状態が起こります。この状態が、サルコペニアをさらに進行させ、筋力低下が進みます。

この悪循環を断ち切らなければ、フレイルサイクルをどんどん繰り返してしまい、要介護状態になる可能性が高くなるわけです。

フレイルへの介入方法とは?

フレイルの介入方法には、持病のコントロール、運動療法、栄養療法、感染症の予防などがあります。

1.持病のコントロール

まずは糖尿病などの慢性疾患のコントロールが必要です。持病のコントロールがされていないと高齢の方は体を動かすという気持ちになれません。

2.運動療法と栄養療法

高齢者でも運動療法によって筋力が維持されます。運動療法は個人に合わせておこなう必要があります。

また運動療法は、栄養療法と合わせて行います。低栄養状態で運動を行っても筋肉はつかず、低栄養状態の助長になります。

3.感染症の予防

免疫力の低下によってインフルエンザや肺炎にかかりやすくなります。それをきっかけに重症化して入院、そして寝たきりになってしまうことも多々あります。

日頃から感染症に強い体作りをすると同時にワクチン接種もフレイルを予防する重要な方法だと言われています。

フレイルの進行を防ぐ生活習慣

フレイルの予防の基本は食事と運動ですが、それ以外にも工夫によってフレイルの重症化を防ぐことができるそうです。

1.一人ではなくみんなと食べる

積極的に友人や家族、地域の人などと一緒に食べる機会をつくります。気持ちが変わって、低栄養を防いで心身の健康維持につながります。

2.口腔機能のケア

口腔機能の低下によって、硬い食材が食べられなくなり、むせたりすることが増えます。柔らかいものばかりを食べていると、噛む機能が低下して食事の質が低下します。

定期的に歯科検診を受けて口腔機能の低下を予防し、噛みごたえのある食材を選んで良く噛んで食べることが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする