肉の日は毎月29日、いい肉の日、この日、いきなりステーキはまずい?

読んで字のごとしですね

いい肉って、高い肉のこと?

11月29日が「いい肉の日」ということで、もう、肉に関わるお店は本当に、大々的なキャンペーンを繰り広げています。

ステーキハウス、牛丼屋、ハンバーガーショップ、焼き肉店、お肉屋・・・・もうキリがありません。

1日限りでもったいない

ただ、このキャぺーん、通用するのが11月29日だけ、というわけで、ちょっともったいないですね。

しかし、商売上手なお店は、この日を起爆剤に客寄せができるということで、思い切ったサービスを展開しているようです。

まあ、各月の29日、2月9日などもお楽しみという感じでしょうか。

なぜか肉を食べたくなる心境

日本人の心理が働いているのか?

日本人って、回りが言ってると、そうなんだ、とついつられてしまうようなところがありますね。

「長いものに巻かれろ」的な、いわば、安心感があるんでしょうか。だから、肉を食べる。ちょっとこじつけですね。

しかし、いい肉の日、と言われると、今日はお肉を食べようかな、とか、おいしい肉を食べに行こうとか、そういう気になるのは、おもしろいと思いませんか。

いい肉の日以外にどんな日が?

商売上手な人たち

まあ、うまく乗せられていると言えば、それまでですが、一年を通じて、~の日が目白押しですね。

とりあえず、肉関連だけでも、毎月29日は「肉の日」。11月29日は「いい肉の日」8月29日が「焼肉の日」そして、2月9日は「肉の日」

ちなみに、~の日というのは、法律的には全く別のものだそうです。

ぜいたくの言い訳に使える

いいふうに使えたらgood!

結局の所、それをどう使うか、とらえるかは個人の自由になるんでしょう。なかなか食べられないステーキが安いというだけでなく、ご褒美として食べる、というのもありですね。

一年を突っ走ってきた体に、ぐーんとアミノ酸を注入して、来年も頑張ろうな、という気分転換に使えるかも知れませんね。

不満ばっかり持っている人は、皆が騒いでいるのを批判ばかりしています。楽しみは自分で作り出す物。いい肉の日をうまく利用して楽しみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする