南岸低気圧は大雪、爆弾低気圧は暴風、梅雨の終わりは線状降水帯

ふだん慣れていない雪に大混乱

冬型の気圧配置になる前の低気圧のコース

ときに首都圏に大雪をもたらすのが「南岸低気圧」ですね。最近はこの呼び名が定着して、雪になるんじゃないかという素人予測もできそうです。

ふだん雪に慣れていないためにいろいろな問題が起こってしまって大変です。路面の凍結や交通の混乱、特に車の事故が怖いですね。

南岸低気圧は、前線を伴った低気圧が本州の南岸付近を東へ進むときのことです。この低気圧に向かって上空から入ってくる寒気が太平洋側で雪を降らせます。

ときには、関東南部でも大量の降雪あったりしますね。都内や横浜付近で数センチの降雪があれば、大変なことになるわけです。

なぜ南岸低気圧で雪になるのか

気圧配置を見れば、なるほどとわかる

この低気圧自体が降らせるのは、じつは雨なんです。というのは、雨の原因になる南からの湿った風は低気圧の南の方から、寒時計回りに吹き込んできて、低気圧の南側が雨です。

ということは、雪はどこから来るのでしょう。じつは、低気圧へ北の方から吹き込んでくる寒気によって低気圧の北側が雪になってしまうわけです。

関東の大雪のほとんどが、この南岸低気圧

この南岸低気圧のよって雨になるのか、雪になるのか、また、どれくらい降るのか、を決めるのは「気温」と「湿度」なんですね。

気温が6℃を切ると湿度によっては雪の可能性が高くなるそうです。また、低気圧の動きや発達具合、上空の寒気、地上付近の気温によっても変わるそうです。

八丈島が運命のポイント

気温が下がるには寒気が必要

南岸低気圧の影響で関東の平野部で雪が降るのか、さらに、その雪が積もるのか、これは、低気圧の進路と、上空や地表付近の気温が絡んできます。

・八丈島のやや北の海上を通過

この場合は、南からの暖かい風が関東付近まで来るので、雨になり、雪は降りません。

・八丈島のやや南の海上を通過

この場合、雲が関東の平野部にかかるので、雪か雨を降ることになります。

さらにこのとき、上空に寒気が流れ込んで、地表付近の気温が0度あたりまで下がると、雪が降って積もる可能性が高くなります。

もし、地表付近の気温があまり下がらなければ、雪ではなく雨になります。

・八丈島のもっと南の海上を通過

この場合は、関東の平野部に雲がかからないため雪も雨も降りません。

予想が難しい南岸低気圧

週間予報ではまず予測不能

東京の都心など都市部で大雪となり、交通機関などに大きな影響が出る可能性があるので、早めの予報が欲しい所です。

しかし、低気圧のコースのちょっとしたズレ、ちょっとした発達状況によって大雨から大雪まで大きな幅がでてしまうんだそうです。

それこそ、たった1℃の変化で雨か雪かが変わってしまうくらいです。そのため、非常に予想が難しいことになるわけです。

長期予報はほとんど役に立たないので、直前の情報をしっかりチェックすることが重要なわけです。

爆弾のように勢力の強い低気圧

台風とは違う、超強力温帯低気圧

温帯低気圧は、暖かい空気と冷たい空気がぶつかって、混ざり合おうとしてできた低気圧のことです。

それが、急速に発達したものが爆弾低気圧。温帯低気圧は温帯気候の地域ならどこでも発生するため、爆弾低気圧も発生するという事になりますね。

爆弾低気圧は勢力が台風並みになります。そして暴風や大雨、高波、大雪をもたらし、対応が遅れると、大きな被害につながることもあるわけです。

日本でよく見られる時期は?

特定の時期に発生する

日本では10月から1月頃の冬の寒い時期と、2月から3月頃の春一番の時期に多く発生しているようです。

これは、やはり、大陸からの寒気と南からの暖気のぶつかり合いがはげしくなるわけで、低気圧の通り道にも関係します。

天気予報では「急速に発達した低気圧」

「爆弾低気圧」という言葉は正式名称ではありません。これは、たまたまわかりやすいたとえ表現として使ったことから転じたメディア用語なんですね。

したがって、正式な天気予報では「急速に発達した低気圧」という表現を使うみたいです。

地球温暖化のために海水温が下がらない

1つの説として、温暖化のために海水温の上昇が爆弾低気圧の発生数を増やしているというものです。

気温より海水温の方が高くなってしまったために、上昇気流がはげしく起こることになります。

海水温が下がりきらないところへ、強烈な寒気がやってくると、海水温と上空の温度差が40度ぐらいまで広がると、大気の状態が不安定になり、低気圧は超強力になってしまうと言うわけです。

「暖気核」って何?

異常気象が起こるには理由があった

さらに、日本海上を駆け抜けた低気圧が、台風並みに発達する原因として挙げられているのが、暖気核です。

これは、大陸からの寒気が南側の暖気の一部を取り囲んで空気の塊を作ります。これが「暖気核」です。

気圧の谷とともに南下してきた寒気が、暖気の一部を取り囲みます。そして、低気圧の下層に暖気核が形成されてしまったわけです。

この暖気核は日本海の東側で発生し、低気圧の中心付近と、その周囲で温度差が大きくなってしまい、特に東北地方では風が強まる要因になってしまったわけです。

爆弾低気圧の定義

やはり特別な低気圧と言うこと

気象庁によると、急速に発達する低気圧=爆弾低気圧は(緯度によってその基準は変わりますが)1日で約24ヘクトパスカル以上気圧が低くなることとなっています。

最近では、「爆弾低気圧」ということばがあまりにも普通に使われてしまっているので、ついつい気象用語だと勘違いしてしまうみたいですね。

夏場にゲリラ豪雨が発生することがあります。あの現象も、海水温と大気の温度差が原因となっているわけで、やはり、異常気象の一種だと言えそうですね。

日本で梅雨があるわけ

高気圧と前線が特殊な状態になる

梅雨と呼ばれる時期は、北海道の北側に居座っているオホーツク海高気圧と日本の南の海上にある太平洋高気圧が日本付近でぶつかっています。

この2つの高気圧から吹き出す湿った空気が、ぶつかり合って拮抗状態になっているのが梅雨というわけです。

ここで、オホーツク海の冷たい空気のかたまりと太平洋の暖かい空気のかたまりは性質が異なるので、混じり合わずに境目ができます。

この境目は線のように延びて、前線ができ、これが梅雨前線と呼ばれているものなのです。

この前線は高気圧の勢力によって、上がったり下がったりの状態で、あまり動かないので、1ヶ月以上も雨やくもりの天気になりやすいことになるわけです。

梅雨明け時期に豪雨が多いわけ

梅雨の終わり頃が最も不安定

梅雨が終わりに近づいてくると、梅雨前線に沿うように中国大陸の南の方から、湿った暖かい空気のかたまりが日本の方へ流れ込むようになります。

この空気のかたまりが天気図では長くのびている舌のようにみえるために、湿舌=しつぜつと呼ばれています。

この湿舌が西から延びてきて、東シナ海の上を通る間に、大量の水蒸気を取り込んできます。

夏が近づいて太平洋高気圧が勢力を増してくると、太平洋高気圧の西のへりでふき出す風が暖かくて湿った風をもたらします。

湿舌に大量の水蒸気を含んだ南よりの風がぶつかると、一気に持ち上げられて、強い上昇気流が発生します。

そして、そこに積乱雲が次々とできてしまい、その結果、強い雨が長時間にわたって降り続くことになります。

これが梅雨の終わりの頃によく大雨をもたらす状態です。この梅雨の終わり頃の大雨は西日本で起こりやすいといわれています。

特に、九州や中国、四国地方に多く、1982年の長崎豪雨、2012年の九州北部豪雨、2014年の広島土砂災害といったものがその結果起こっています。

豪雨をもたらす要因

湿舌に発生する積乱雲

2つの空気のぶつかり合いがいつどこで起こるかは予測が難しく、いったんそれができると、長い時間大雨をもたらすことになります。これが、線状降水帯です。

大量の暖かく湿った空気の継続的な流入と、その空気を上空に持ち上げる要因が存在していることが重ならないと起こらないことになります。

そのために、線状降水帯は台風のような正確さでは予測ができないのが現状だと言われています。

この線状降水帯で、猛烈な雨は、短時間に狭い川を氾濫させ、谷の両側を削り、山崩れを起こし、家々を破壊していくことになるのです。

このように、線状降水帯ができる条件は大まかにはつかめるとしても、実際に起こって初めて、その存在が確認できる程度で、精度は上がらないのが実態だそうです。

地球温暖化との関連

実際に起こっている豪雨は2倍以上

こういった、豪雨が増えている背景には地球温暖化があるといわれています。温暖化によって、異常気象の頻度が増していて、それが、日本では特に大雨が増えているようです。

気象庁が発表したものに、今後、温暖化が進むと、日本がどうなるかを予測した地球温暖化予測情報があるそうです。

それによると、21世紀末の気温は20世紀末と比較してなんと、4.5℃上昇してしまうということになっています。

大雨に関しての予想では、1時間降水量が50mm以上の滝のような雨の発生回数が全国平均で2倍以上に増えるという予想になっています。

逆に、雨の降らない日数が全国的に増え、雨の回数も減って、その結果、降る時は一度に大量の雨が降ると言うことだそうです。

世界の温暖化は着実に進んでいます。特に2000年あたりから加速しているともいわれています。

したがって、豪雨の増加は、いつか起こることではなく、すでに起こりつつあることだと考える必要があるわけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク