いちご狩り、りんご狩り、梨狩り、子供を連れて行くなら何歳からか?

いちごの旬はいつごろ?

いちご狩りで食べるいちごの味は格別

畑でいちごの実がなっていると、ワクワクしますね。その場で、ほおばるときの満足感は何とも言えないです。

いちご狩りは家族みんなで楽しめるし、、最近人気急上昇のレジャーです。その場で食べるときのあの格別のおいしさを楽しみましょう。

では、いちご狩りにふさわしい時期っていつ頃なんでしょうか。いちごって春の果物のように思われていますね。しかし、年中見かけるような気もします。

さて、いちご狩りの時期や季節はいつか、また、美味しい品種は何か、さらに、いちごが年中見られるのはなぜか見ていきましょう。

いちごの旬はいつ?

栽培場所に左右される旬

ふつう、露地栽培でいちごを育てると、自然にいちごの実がなるのは4月から5月になるそうです。

ところが、ハウス栽培の技術が向上して、そこへ、クリスマスケーキでの需要に向けての出荷が重なり、出荷量の一番多い時期は12月後半になっているそうです。

結局、いちごは12月後半から、本来の旬である5月までまんべんなく出回っている状態になったわけです。

ハウス栽培でいちご狩り

旬のイメージが変わった

一般的にいつ頃がシーズンかと言えば、1月から始まって、5月のゴールデンウィーク明けくらいまでということになりそうです。

関東周辺

関東でいちご狩りが楽しめるのは、1月~5月上旬ごろまでです。また、いちご狩りが出来る農園の数は関東地方が最も多く、100か所近くもあるそうです。

一番多いのが千葉県で、いちご農園の数も多く、それに次いで茨城県、群馬県と続くそうです。

千葉や埼玉、静岡あたりでは少し早めの12月からいちご狩りが始まっているという話です。

また、遅いところでは6月でもいちご狩りができるいちご農園もあるそうです。ということは、関東ではかなり長い間いちご狩りが楽しめそうですね。

関西周辺

関西でも、いちご狩りが楽しめるのは、1月~6月ごろまでです。多くのいちご農園はいちご狩りは1月からスタートします。

ただ、関東と比べると、いちご狩りができるいちご農園は、少なめで、だいたい40か所くらいだそうです。

北海道

ハウス栽培によって、いちごが冬の果物のようなイメージになっています。そのせいか、北海道でもいちご狩りが盛んだとおもいきや、北海道のいちご狩りは6月中旬から7月下旬ごろでした。

じつは、北海道のいちご農園と、関東・関西のいちご農園とでは栽培方法が違っていました。

関西や関東などでは、いちごの栽培はハウス栽培が一般的なんですが、北海道では主に露地栽培ですし、ハウスを使っても無加温ハウス栽培が主流なんです。

そのために北海道ではいちご狩りを楽しめる期間が2~3週間と限られています。また、時期も他に比べて遅くなっているわけです。

さらに、道内でいちご狩りができる農園も、全部で10か所ほどしかありません。

いちご狩りの美味しい品種

品種改良でさらにおいしく

農園によっても違っては来ますが、代表的ないちごの品種は次のようになっています。

1.章姫(あきひめ)

酸味が少なくて、あっさりした甘みが魅力的です。子供にも人気で、関東では最も多く栽培されているようです。

2.紅ほっぺ

甘みや酸味がともにとても強い品種です。果肉が中まで赤いのが特徴的です。

3.とちおとめ

今、日本で一番多く栽培されている品種だそうです。粒が大きく、ジューシーで適度な酸味が特徴です。

4.さちのか

甘みと酸味のバランスが良く、人気が高まっています。すこし果肉が固めなのが特徴です。

5.さがほのか

関西でよく見かけます。甘みと酸味のバランスが良くて、粒が大きめです。色は真っ赤というわけではなく、ピンクに近い感じです。

6.あまおう

関西よりも西で人気です。『あ』かい、『ま』るい、『お』おきい、『う』まいの頭文字をとって名付けられた品種だそうです。大粒で、甘みが強いのが特徴です。

真っ赤なりんごの丸かじりも

甘い匂いに食欲も倍増

もぎたての真っ赤なりんごの丸かじり、といったイメージのりんご狩り。りんごの産地が限られているので、ちょっと、気合いを入れていくことになりそうです。

しかし、行ってしまえば、食べ放題やお土産付きなどのサービスプランもたっぷり。りんごスイーツを味わえるプランなども見つかります。

おいしいりんごは、熟すにつれて果皮の色が濃くなっていくんですね。香りもどんどん強くなっていきます。

りんご狩りのサインは真っ赤なりんごと、近くに寄ってただよってくる甘い香りです。これで甘いりんごを見分けることができるそうです。

スーパーのりんごは未完熟

食べ時がわからない市販りんご

秋から冬になると、りんごは旬を迎えます。スーパーや青果店でも、当たり前のように購入できるりんごですが、あのりんごは熟す前に摘み取って、運ばれてきたりんごです。

りんご本来のおいしさを味わいたければ、りんご狩りです。ここでは、もっとおいしいりんごに出会うことができるんですね。

もっと甘い、もっとおいしいりんご

りんご狩りのりんごというのは、木になったままで完熟期を迎えるんですね。つまり、市販のりんごに比べて甘みが強いということなんです。

したがって、もぎたてを丸かじりすれば、果汁があふれ出して、さらにシャキッとした歯ごたえや爽やかな甘みにビックリします。

長野県や群馬県で楽しめる

全国で生産量第二位の長野県や、フルーツ王国として知られる群馬県には、魅力的なりんご農園がたくさんあります。

また、大きな観光農園の場合、収穫期の異なる複数の品種を育てていることが多いので、長期間にわたってりんご狩りを楽しめるそうです。

お土産にしても楽しいりんご

長い間楽しめるりんご

りんごは他のフルーツに比べて日持ちがいいんですね。りんごは収穫してから1カ月ほどはそのまま保存することができるそうです。

生で食べてももちろんおいしいですが、ジャムやスイーツなどに応用してもおいしく食べられるんですね。

そういうわけで、せっかくのりんご狩りです。カゴいっぱいに収穫して、りんごのさまざまな味わいを楽しんだらいいんじゃないかと思います。

また、りんごの品種は早生・中生・晩生といったふうに分かれています。早いものなら8月に収穫がスタートし、晩生種なら12月に入ってから旬を迎えるものもあるそうです。

知っておきたいりんごの品種

りんご狩りで食べられる主な品種

1.さんさ

収穫時期は9月上旬です。甘みも酸味も効いていて、、味わい深いりんごです。やや小ぶりでかためですが、きめ細かくシャキッとした歯切れのよさが楽しめます。

2.つがる

収穫時期は9月中旬です。早生品種の中においては強い甘みが魅力です。袋をかけないサンつがるという品種は特に甘く、広い世代で人気があります。

3.ジョナゴールド

収穫時期は10月中旬~下旬です。濃厚な甘みと適度な酸味があります。料理にも向いているので、ジャムやアップルパイなどに使用します。

4.シナノスイート

収穫時期は10月中旬です。香り豊かで、果汁たっぷりのジューシーなりんごです。甘みが強いのですが酸味も十分あります。別名「あじぴか」です。

5.トキ

収穫時期は9月下旬です。強い甘味と、シャキシャキとした食感で人気があります。全体的に黄色で、陽が当たる面がほんのり赤く色づきます。

6.王林

収穫時期は11月上旬~中旬です。独特の甘い香りが特徴です。酸味が少なく、きめ細かい果肉で食べやすく、黄緑色の皮と茶色の斑点が目印です。

7.ふじ

収穫時期は11月上旬~中旬です。蜜入りりんごの代表格です。栽培時に無袋で育てたサンふじは甘さが際立ちます。生産量1位の品種です。

梨の旬はいつ頃?

梨狩りで食べる梨の味は格別

梨は夏から秋の味覚として、大人から子どもまで、とても人気のある果物ですね。みずみずしい果肉は梨の独特の風味になっています。

おいしい梨がスーパーや青果店に並び始めるのを今か今かと夏の暑い時期から楽しみにしている人も多いかもしれませんね。

家で冷蔵庫で冷やして、食べる梨も格別ですが、梨の本当のおいしさを楽しみたいのなら、梨狩りに出かけてみることを考えたらいかがでしょうか。

梨狩りの魅力は、スーパーでは絶対に手に入らない、完熟の梨を味わえることです。収穫の直前まで、たっぷり栄養をもらった梨は、甘みと香りが強いそうです。

梨狩りのシーズンはいつ?

自然の中で熟していく

梨は保存期間が短く、すぐに痛んでしまいます。きちんと熟しているかどうかを見極めて、収穫しなければせっかくの梨狩りが台無しです。

品種ごとに食べ頃が少し違うので、梨狩りの場所がどの品種かを確かめて、一番いい時期を考えましょう。
・20世紀梨…8月中旬~9月上旬
・幸水…7月頃
・新高…9月下旬~10月下旬
・豊水…8月中旬~9月中旬
・南水…10月初旬

梨狩りならではの楽しみ方

他では味わえない体験で思い出づくり

果肉が固くてもぎとりやすいので、実をつぶしてしまう心配がありません。小さなお子さんでも気軽に収穫にチャレンジできます。

また、梨狩りで取る梨はふつう屋外で栽培されているので、ハウスのように熱がこもりません。木々のすき間から差し込む太陽の光も気持ちいいし、涼しい風も吹き抜けるでしょう。

便利な持ち物と注意点

梨狩りは、季節の変わり目に屋外で楽しむ活動ですが、特別な道具は必要ありません。あると便利なアイテムはいくつかあるので、持っていったらいいでしょう。

・ウェットティッシュ

もぎたての梨はみずみずしさたっぷり。皮をむくときに手がベトベトにならないように拭き取れます。

・果物用ナイフ

これは、念の為に持っておくと安心でしょう。

・日焼け止め

屋外なので、容赦なく日差しが照りつけますから、必要に応じて準備します。

・雨具

山際になるので、突然の雨が降るかも知れません。

・虫よけスプレー

農園には、蚊や虫がいっぱいいます。これは必需品ですね。

梨の旬はいつ?

果物は旬に食べてこその味わいがある

梨は、熟すにつれて果皮の色が濃くなっていくものです。したがって、遠目から複数の梨を見比べてみて、黄色から茶褐色になったものを探したらいいいでしょう。

また、梨の表面にある果点といわれるつぶつぶした点を見ます。果点がくっきり見えるのは、未熟で、適度に果点がぼやけたものも完熟だそうです。

梨をもぎ取るときは、下から片手でしっかりと持ち、そのまま横から上へひねるように持ち上げたらうまく取れます。

幸水や豊水などの「赤梨」は赤みが出てザラザラした斑点がなめらかになる頃が食べ頃です。

二十世紀などの「青梨」は少し黄色が濃くなった頃が収穫時でです。いずれにせよ、比較的大きめな梨を選ぶほうがいいみたいです。

日本の梨は日持ちしません。保存は冷暗所でせいぜい3~4日、冷蔵庫でも1週間~10日です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク