ヒートショック予報とは?うまく利用して、高齢者の健康被害を防ぐ

まず、ヒートショックを知ろう

血圧の大幅変動が起こる危険

いよいよ本格的に寒い季節になってきました。この時期になって注意したいのがヒートショックです。

体が急激な寒暖差を感じると、血圧が大幅に変動してしまうんです。そのために、さまざまな健康被害が起こってしまうわけです。

じつは、ヒートショックがおこると、最悪の場合突然死に至るケースも多々あります。暖かい場所と寒い場所を移動するだけで、起きる可能性があるんです。

自宅でできるヒートショック対策

対策をとれば、リスクは軽減できる

1.浴室暖房乾燥機で浴室を暖める

入浴時の温度差が急激な血圧変動につながり、脳出血や心筋梗塞を引き起こす危険性が増大すると言われています。

そのために、脱衣室や浴室の温度差を減らすことが大切になります。そのために有効な方策の1つが浴室暖房乾燥機です。

2.シャワーで浴室を暖める

浴室暖房乾燥機がない場合は、シャワーをうまく使います。湯舟にお湯をためるとき、シャワーを高い位置に設置して、そこから給湯すれば浴室全体が暖まるわけです。

加えて、高齢者や心臓の弱い人は一番風呂は避けましょう。家族が入った後の方が浴室が暖まっているので温度差が少なくて済むわけです。

3.脱衣室を暖める

浴室だけでなく、脱衣室の温度も要注意なんです。できれば、小型の電気ストーブなどを用意するだけで、温度バリアフリー対策ができます。

浴室暖房乾燥機があれば、浴室の扉を開けて浴室暖房をかければ脱衣室も暖まるはずです。

4.お風呂のお湯の温度に注意

室温だけでなく、湯温にも注意する必要があります。寒い冬は、つい熱いお風呂に入りたくなりますが、熱いお湯ではヒートショックの危険性が高くなってしまいます。

理想の湯温は38~40℃です。湯船にゆっくり浸かっているうちにじわりと汗がにじんでくる程度がいいと言われています。

ヒートショック予報とは

日本気象協会と東京ガスが共同開発

日本気象協会が運営する天気予報専門メディアに「tenki.jp」があります。ここで全国の市区町村ごとに、約1,900地点で7日先まで「ヒートショック予報」が出るそうです。

「ヒートショック予報」を利用して、冬の入浴事故に対する認識が深め、適切な対策を取ってもらうのが目的だそうです。

ヒートショック予報は3ランク

ヒートショック予報では、「警戒」「注意」「油断禁物」の3ランクが予報で表示されます。

特にヒートショックのリスクが大きいのが「警戒」です。入浴時だけでなく、日常生活全般で気温の変化に留意する必要があります。

血圧の変化が引き起こす事故

突然起こる事故を防ぐには?

血圧の上昇

裸になって寒い浴室に入ると血圧は上昇して「脳卒中」の危険が生じます。

血圧の低下

ゆったりと湯舟に浸かっていると血圧が急激に低下し、さらに発汗作用で水分が失われ「脳梗塞」や「心筋梗塞」の危険が生じるそうです。その場合、溺死などもあり得ます。

ヒートショックの防止には、浴室の温度を上げ、暖かい居間などとの温度差を少なくすることが最重要だと考えられています。

高齢化社会を迎えた今日は、家庭内での事故防止の観点から、家庭内のバリアフリーは、気温のバリアフリーについても考える必要があると言うことでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする