さくらんぼ狩り、みかん狩り、ぶどう狩り、子供は何歳くらいからかな

思い切り、さくらんぼを食べたい

さくらんぼ狩りなら高級品もいっぱい食べられる

初夏に旬を迎えるのがさくらんぼです。桜の実ですが、ふだん目にしている桜にはサクランボはできませんね。

実際に、さくらんぼが収穫できる品種は限られています。また、実が熟すと鳥の害に襲われるので、きちんと管理された所でしか収穫できません。

そんな高級品としても知られる真っ赤な果実を心ゆくまで食べたい、と思う人はきっと多いでしょう。

さくらんぼ狩りで大満足

気持ちも盛り上がって、最高の気分

さくらんぼを思い切り食べたい、そんな願いを叶えてくれるのは「さくらんぼ狩り」ですね。

ただ、どこで、どうやったら楽しめるのか、家族で行くのにピッタリの農園はどこか、などと、いろいろと知りたいことが出てきます。

また、さくらんぼ狩りを楽しむためにはコツがあります。おいしいさくらんぼを見つけるのもしっかりと前調べが必要です。

さくらんぼ狩りのシーズンは?

さくらんぼの品種で変わる食べ頃

さくらんぼの旬は、一般的に春から初夏です。しかし、栽培方法や地域、品種によって食べ頃は違ってきます。

そういうわけで、さくらんぼ狩りの楽しみ方もまた時期によって変わってくるわけです。また、温室ハウスや露地栽培の雨よけハウスがある農園がベストです。

なぜかというと、さくらんぼは雨に濡れると実が割れてしまう、とてもデリケートな果物なんですね。雨天時でも濡れることなくさくらんぼ狩りが楽しめるわけです。

ハウス栽培なら服装は、普段着でOKです。ただし脚立やはしごに登って実を採るので、動きやすい服装や、滑りにくいシューズが必要です。

ちなみに、さくらんぼの持ち帰り防止のため、カバンやウエストバッグなどはハウスに持ち込めない農園が多いみたいです。

驚きの品種のさくらんぼ

多品種のために収穫期間が長くなる

さくらんぼの品種は、世界中で2,000種以上もあるそうです。また、日本国内だけでもさまざまな品種が栽培されています。

多くの品種を栽培することによって、収穫時期が長くなり、農園の営業期間も長くなると言うわけです。

いろいろな品種の収穫時期と特徴

豊錦

収穫時期は5月末~です。収穫初めは酸味が強く、後半は酸味がなくなって美味しくなりますが、果肉も柔らかくなります。ある程度熟してからの方が美味しいでしょう。

紅さやか

収穫時期は5月末~です。熟すにつれ紫黒色になります。少し小粒です。紫黒色になれば美味しくなります。

早生佐藤錦

収穫時期は6月初旬~です。佐藤錦の早生種です。甘くて美味しい品種ですが、熟すと甘過ぎて喉が渇いてしまいます。

花駒

収穫時期は6月初旬~です。早生のさくらんぼで粒は大きく果肉も柔らかいため大粒のさくらんぼを食べている様な感じがしないそうです熟してからが美味しい品種です。

香夏錦

収穫時期は5月末~です。佐藤錦と高砂を掛け合わせてできた品種です。適度の甘み、酸味があって、美味しいのですが、果肉が柔らかいでしょう。

高砂

収穫時期は6月初旬~です。収穫初めは酸味が強いのですが、熟すにつれて酸味がコクに変わってきます。濃厚な味わいがとても美味しい品種です。

富士あかね

収穫時期は6月中旬~です。果肉は少し硬めですが、甘みと若干の酸味があります。少し熟してからの方が美味しいようです。

正光錦

収穫時期は5月末~です。適度の甘み、酸味があります。少し果肉が柔らかい品種です。

山形美人

収穫時期は6月上旬ごろです。形、味、大きさなどは『佐藤錦』とほぼ同じですが佐藤錦より収穫が早く、紅色が濃いのが特徴です。

佐藤錦

収穫時期は6月中旬~7月上旬です。さくらんぼといえば『佐藤錦』ですね。甘みと酸味のバランスが良く、果肉はやや柔らかめです。

ナポレオン

収穫時期は6月下旬~7月上旬です。ハートの形をした可愛らしいさくらんぼです。食感がパリッっとしていて、完熟前は酸味が強いが、完熟すると濃厚な味になります。

紅秀峰

収穫時期は7月上旬ごろです。酸味が少なく、甘いさくらんぼです。大粒で肉厚で比較的日持ちする品種です。

レイニア

収穫時期は6月下旬から7月上旬です。アメリカンチェリーですが、日本の品種に近い食味が特徴です。果肉は歯ごたえがあり大粒で食べ応えがあります。

黄色い実がなる畑でのびのびとみかん狩り

自然の中で家族の絆も深まる

みかん狩りに行って、おいしいみかんを手に入れるなら、みかんの樹全体の真ん中ほどの高さの枝についたものを選びます。

さらに、実が全体的に色が濃く、ツヤのあるもので、皮浮きのない中身がぎっしりつまっているようなものを選べば失敗はないそうです。

お土産を持って帰っても、日持ちはしない

みかんは日持ちがしないので、水分が飛ばないように、3~7℃で涼しく風通しのよい場所で保存するのが理想です。保存の目安は10日ほどです。

冷蔵庫の保管には向いていないそうです。また、重ねて保存はしない方がいいです。重ねると傷みやすく、傷んだものはすぐに取り除かないと、他も痛んできます。

おいしいみかんを見つけるコツ

せっかく取ったみかんがおいしくなかったら残念

わざわざみかん狩りに行ったら、美味しいみかんを選んで食べたいものです。また、一度取ったみかんは捨てるわけにも行かないので、一発で成功と行きたいものです。

じつは、木に実をつけているみかんの収穫は、店頭に並んでいるみかんを見分ける方法とは少し違うんだそうです。

実際に木になっている甘いみかんの選び方のコツがあります。それは次の通りです。

・良く日に当たっていて色の良いみかん

日がよく当たると言うことは、糖度が高いと考えられます。

・触った感じがしんなりしているみかん

ただし、ぶよぶよしている物や、逆にカチカチのものはダメです。

・大きさが小ぶりなみかん

大きなみかんはスキマが多く、味も水っぽいことが多いそうです。

・細い枝に生っていて、ヘタの部分が小さい物

太い枝の実は固く、へたの大きな実はスキマが大きいようです。

この見分け方で枝になっているみかんを選ぶようにすれば、甘くて美味しいみかんを食べることができるそうです。

みかん狩りに持っていく持ち物

あれば役立つ便利グッズ

・ハサミ

みかん狩り営業を中心としている農園ではふつう貸してもらえますが、市町村や、地区の自治会がみかん狩りを営業している場合、ハサミの貸出も行っていない可能性があります。

・防寒着

10月~12月頃になると、山では都市部よりも寒いものです。着たり、脱いだりしやすい防寒着がいいでしょう。

・ビニール袋やエコバッグ

みかんを持って帰る時に必要です。みかんはヘタの部分はするどいので、ビニール袋に入れると破れてしまうので、エコバッグなどの布製のかばんを用意した方がいいでしょう。

・軍手や手袋

枝で手を怪我しないように軍手があれば便利です。また、虫などが木に付いていて、うっかり触わったときも安心です。

・虫除け

虫除けスプレーや、吊り下げ型の虫除けもあればいいでしょう。

・絆創膏と消毒液

山の斜面で転んでしまって擦り傷を作った時には、役に立ちます。

みかん狩りで味わえる品種

地方によって取れる品種は異なる

・宮川早生

収穫時期は11月上旬~12月上旬です。甘みも酸味もしっかりとそろっています。収穫時期が遅いものほど濃厚な甘さになるそうです。

・興津早生

収穫時期は11月上旬~12月上旬です。果実の風味はやや濃いめです。温暖な地域での栽培が多い。また、北関東でも育ち、寒さにも強いそうです。

・日南1号

収穫時期は10月上旬~中旬です。さわやかな香りと味わいが特徴。秋口から登場し、果肉が熟すのも早い品種です。皮に少し青みの残るものあります。

・南柑20号

収穫時期は12月上旬~下旬です。酸味が少なく、高い糖度が特徴で、甘いみかんの代表です。

・青島温州

収穫時期は12月上旬~12月下旬です。濃厚な甘みと適度な酸味、しばらく置くとまろやかさが増します。果実は大きく平らでボリュームがあります。

みずみずしいぶどうをとことん食べて楽しめる

自然の中で、家族の絆も深まりそう

果物狩りにもいろいろありますが、特に人気の高いフルーツと言えば、ぶどうだと思います。

なぜかといえば、ぶどう農家もぶどう狩りのために、人気のある品種をそろえていて、お客のニーズと一致しているからでしょう。

とにかく、誰でも楽しめるレジャーとしての果物狩りだと思います。老若男女問わず楽しめますから。

また、最近はバリアフリーを意識した農園が増えています。車椅子でも楽しめるように工夫している農園も増えているそうです。

収穫の喜びを実感したい

お店では味わえない収穫体験

ぶどう狩りに行って、実際に収穫するときは、全体的に色づきがよくて、皮に張りのあるぶどうを選びましょう。

もし、甘いぶどうを探すなら、ブルームという白い粉のようなものを探します。これは、熟すと自然につくものなので、害はありません。

収穫後は早めに食べよう

ぶどうはあまり日持ちしません。なので、早めに食べたほうがおいしく味わえます。ただし、ブルームは実の乾燥を防いでくれるので、食べるまで取らない方がいいそうです。

ぶどうを保存する場合は新聞紙に包んで、冷蔵庫の野菜室に入れます。あまり温度が低いとすぐに痛んでしまいます。保存の目安は2週間程度だそうです。

ぶどう狩りに適した時期

多くの品種で長い期間楽しめる

ぶどうには様々な品種があります。ぶどう農園では複数の品種を取り扱うことで、長い期間ぶどう狩りを楽しめるように工夫しているんですね。

品種を選んでいくなら、食べ応えのある巨峰、子供でも食べやすい種なしピオーネやシャインシャインマスカットなどが人気だそうです。

楽しめる期間はいつ?

ぶどう狩りが楽しめる時期は場所によって多少違いがありますが、だいたい7月~11月ぐらいまでというところが多いようです。

その期間中に、いろいろな品種が楽しめるのもぶどう狩りの魅力の1つだと思います。

それぞれの品種が食べられる時期の目安

・デラウェア 7月下旬~8月上旬
・キングデラウエア 8月中旬~9月上旬
・種なし巨峰 8月中旬~10月上旬
・ゴルビー 8月下旬~9月中旬
・ネオマスカット 9月上旬~9月中旬
・ピオーネ 9月上旬~10月上旬
・ベリーA 9月中旬
・巨峰 9月中旬

主な品種の特徴

違う品種を味わうのも楽しみの1つ

・ピオーネ

ひと粒がピンポン玉大ほどです。巨峰よりもかなり大きいです。食感も弾力があって楽しめます。糖度16~20%の甘さで、酸味は少なめです。種なしが多いのがうれしいですね。

・巨峰

極上の甘さが魅力です。まさにぶどうの王様でしょう。糖度18%以上もあって、果汁もたっぷりです。酸味もほどよく、大粒で高級感たっぷりです。

・デラウェア

小粒で実がぎっしりついた、むかしながらのぶどうです。その大きさと種なしの食べやすさで、子どもにも人気です。糖度20~23%と甘みが群を抜いています。

・シャインマスカット

大粒で糖度も18度~20度と高い品種です。酸味は控えめで、皮ごと食べられるので、こどもも安心して食べられます。上品な甘みとマスカット香で人気の品種です。

・キャンベル・アーリー

甘みにあわせて、酸味もあって、さっぱりとした味わいが特徴です。どちらかといえば、生食よりもジュースやジャムを作るのに適しています。

・甲斐路

山梨県特産の紅いマスカットと言われる品種です。ほのかにマスカットのような香りもあって、みずみずしさが人気です。大粒で日持ちしやすいのも特徴です。

・マスカットベリーA

甘みと酸味が絶妙のバランスを保っています。このぶどうは赤ワインの原料としても知られています。マスカットといいながら、熟すと黒くなります。

・スチューベン

はちみつのような甘みが特徴の品種です。食べると、甘い香りが広がります。日持ちがして、時間がたつと甘みが増してきます。

・ナイアガラ

甘く上品な香りの白ぶどうです。皮が薄くて、甘酸っぱい味わいが人気です。風味が豊かなので白ワインやジュースにも使われるそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク