烏龍茶、緑茶どっちが体にいいか、紅茶やプーアル茶との違いとは?

緑茶、ウーロン茶、紅茶の違い

違いは茶葉のつくり方

じつは、緑茶もウーロン茶も紅茶も、いわゆるお茶といわれるものは、すべて学名が「カメリアシネンシス」というツバキ科の樹木からできているそうです。

ただ、その樹木の育て方にも違いがあるので、逆に、、まさか同じ種類の樹木だとは想像できないというのが正直です。

そして、この樹木の葉を乾燥させてお茶にするわけですが、そのとき、お茶の葉に含まれる物質が酸化します。

その酸化の度合いによって、緑茶、ウーロン茶、紅茶などの種類のお茶が生まれたというのがお茶の広がりになっているんですね。

お茶の発酵は酵素の働き

酵素による酸化度合いの違い

ふだんよく飲むお茶の中に、発酵茶というものがあるそうです。お茶の葉を発酵させるわけですが、一般的な発酵とは少し違うのですね。

発酵食品の中で、すぐにイメージするのは、味噌や納豆、ヨーグルトでしょう。これは、細菌や麹と言った微生物のはたらきによって、食品を変化させます。

ところが、お茶の発酵は、それとは違うんです。お茶の葉にはポリフェノールオキシダーゼと呼ばれる酸化酵素があるそうです。この酵素による発酵です。

この酵素には、お茶に含まれる、カテキンなどのポリフェノールを酸化させる働きがあるんですね。

通常の葉では、酸化酵素とポリフェノールは別々に存在しているんですが、茶葉を揉むと両者が混ざり合って、酸化酵素の働きが促進されます。

これによって、茶葉の色や香味が徐々に変化していくわけです。これをお茶の発酵といって、いろいろなお茶を作るしくみになるそうです。

お茶の違いは発酵の違い

世界中のお茶の違いは、製法の違いなのです。そして、緑茶と烏龍茶と紅茶の大きな違いは、茶葉の酸化度合いの違いなんですね。

烏龍茶や紅茶が、緑茶に比べると茶葉の色が赤いのは、これは茶葉に含まれるポリフェノールが酸化して赤くなるからなんですね。

発酵の違いで生まれるお茶の違い

6種類に分類することができる

1.不発酵茶(緑茶)

いわゆる煎茶などです。蒸す、炒る、煮るなどの熱を加えることで酸化酵素の働きを止めます。発酵が行われないので、茶葉の鮮やかな緑色が残るわけです。

2.弱発酵茶(白茶)

発酵を軽く行ってから作られるお茶です。太陽光や室内に放置して自然に萎れさせた後、そのまま乾燥させます。あっさりとした上品な香りです。後味が甘いのも特徴です。

3.半発酵茶(青茶)

これがウーロン茶です。発酵をある程度行った後に熱を加えて、酸化酵素の働きを止めます。緑茶と紅茶の中間に位置します。

4.発酵茶(紅茶)

十分に発酵させてから作られるお茶です。果物や草花などの香りや芳醇な味わいが特徴です。

5.弱後発酵茶(黄茶)

日本ではなじみのないお茶です。酸化酵素を使わずに、もんこうという方法で発酵させたお茶です。

6.後発酵茶(黒茶)

中国のプアール茶が有名です。茶葉を加熱して酸化酵素の働きを止めてから、乳酸菌や酵母などの微生物を用いて発酵させたお茶です。

いわゆる発酵について

お茶との違い

普通、一般に発酵と呼ばれるのは、酵母菌や乳酸菌、納豆菌のような微生物のはたらきによって行うものです。

微生物は、自分の体内にある酵素を使って、有機化合物を酸化させ、エネルギーを得ます。そのとき、微生物はアルコールや有機酸、二酸化炭素などの物質を生成します。

お茶の発酵は、茶葉の中にある酵素が、茶葉に含まれるタンパク質である、ポリフェノールを酸化させるので、いわゆる発酵とは少し違うわけです。

ただし、プーアル茶は酸化発酵ではなく、緑茶の状態の茶葉に麹菌をまぜて発酵させて作ルので、発酵食品と言うことになるわけですね。ります。

プーアル茶は麹の発酵によって、有機酸が生成されるので、少し酸味があります。また、プーアル茶には、熟茶と生茶があり、麹によって発酵させているのは熟茶だそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする