子供の日の飾り物や食べ物の由来、端午の節句が男の子の祭りになったわけ

子供の日に関係するものって?

鯉のぼり、五月人形、柏餅、粽など

日本の昔から伝わる年中行事の中でも、子供の日につながる端午の節句、桃の節句のひな祭りと合わせて、とっても意味のあるものとして残っているように思います。

元は災厄や病魔を祓う行事として続いてきた日本の代表的な伝統行事です。その歴史は古く、奈良時代の約1250年前に始まったと言われています。

当時、朝廷では五月五日に菖蒲を飾って、無病息災を祈る節会を行なっていたそうです。菖蒲を目印として神をお迎えしたのが、菖蒲飾りの始まりといわれています。

また、五月は、田植えの関係から、古来より非常に重要な月とされていたんですね。

歴史とともに変わっていく子供の日

端午の節句の由来

鎌倉室町の時代になると、武家政治が始まります。武家の間では、菖蒲が「尚武」に通じるとしてこの日が重んじられたといわれます。

江戸時代には、端午の節句が男の子の誕生を祝う日になります。女の子のひな祭りと並んで、男の子の健やかでたくましい成長を祈るようになっていくわけです。

菖蒲と兜の意味は?

兜や鎧は身を守る道具ですが、武家の間では子供の身を守り、災いがかからないものとして、鎧や兜を飾る風習が広がっていったそうです。

菖蒲のはたらきとして、邪気を払うと見られていたので、菖蒲湯や菖蒲酒として宮廷行事で用いられていたのが、武家の時代に「菖蒲」と「尚武」が結びついていきます。

五月人形の始まり

江戸時代に庶民に広がる

江戸時代に五月人形が誕生します。男子の誕生を祝うとともに、無事に成長し、強く、逞しく、賢い大人になるようにとの願いを込めて飾るようになったといわれています。

五月飾りは家の中に飾る「内飾り」と屋外に飾る「外飾り」があるそうです。

内飾り

鎧または兜飾りです。子供の人形に鎧を着せた若大将といわれるものや、桃太郎や金太郎、神武天皇や鍾馗の武者ケース入もあるそうです。

外飾り

これは、鯉のぼりと武者幟です。鯉のぼりは立身出世を祈るためのものだそうです。では、鯉のぼりがどのように生まれたか、見たみたいと思います。

登竜門の故事

日本でも鯉の滝登り

中国の黄河上流に竜門という激流が連なる滝がありました。そこを登り切った魚は霊力が宿って龍になるといわれていたそうです。

ある時、一匹の鯉が激しい滝水に逆らいながら竜門を登りきったところ、鯉は龍へと変身し天に昇っていったというのです。

日本でも、鯉が滝を登っていくようすを鯉の滝登りとして、生命力の象徴として使われることがありますね。

鯉のぼりを揚げるわけ

鯉のぼりと合わせて、幟を立てる地方もあります。昔の風習が変化して、男の子が生まれた印として幟を立てるようになったといわれています。

鯉のぼりは、江戸時代に庶民の間で鯉の滝登りを立身出世のシンボルにして、鯉を幟にするアイデアがうまれたそうです。

したがって、武家では幟、町人の間で鯉幟=こいのぼりが揚げられるようになったというわけです。

節句菓子に込める思い

子どもの健やかな成長は親の願い

家族や親戚が集まって子どもの成長を祝う行事として、昔から長く続けてきた行事、それが端午の節句です。

季節も、さわやかになり、木々も勢いを増してくるころ、晴れわたる皐月の空に、おおきくはためくのがこいのぼりですね。

端午の節句は重五の節供ともよばれます。そのむかしはヨモギや菖蒲など香りのつよい薬草を摘んで邪気を祓うものだったそうです。

そこからながい歳月をへて、今では幼な子の成長を願う行事になり、そこで子どもの成長を祝う気持ちを込めた節句菓子を食べるわけです。

子供の日と言えば、柏餅

柏餅に込められた思いとは?

ちまきとともに子供の日に欠かせないのが柏餅です。というより、柏餅なしの子供の日はあり得ないかも知れません。

それは、新芽が出るまで古い葉が落ちない柏の特徴から子孫繁栄、家系が絶えないという縁起の良さにむすいたからだといわれています。

そして、五月五日が男児の節供として普及すると、子どもの健やかな成長を願う和菓子として定着していきました。

また、柏の葉はしなやかで、食べ物を盛るのに都合がよかったので、古くから食器としても利用されてきたそうです。

江戸時代になると、柏餅は端午の節句には必ず備えられ、桜餅とならんで、代表的な和菓子へと広まっていったと言われています。

ちまき食べ食べ・・・

子供の日の定番菓子として定着

ちまきの歴史は古く、中国の故事から来ているようです。むかし、中国の武人であった屈原が泪羅という湖で水死した5月5日だったそうです。

その屈原の姉が弟を弔うために、竹の筒に米を入れて、湖に投じて鮫竜を祀ったという故事にちなんでいると言われています。

日本でも、その風習が伝わってきて、毎年、端午の節句にはちまきを供えるようになったわけです。

また、日持ちがいいので、携帯食糧としても用いられました。もち米を茅の葉や熊笹で三角形に包み蒸しあげて食べてきたそうです。

その後、さまざまな経過をへて、製造方法が工夫され、現代のちまきになったといわれています。

端午の節句とは

子供の日の由来

もともとは古代中国発祥の厄祓い行事だそうです。端午は月の初めの午の日で、五月に限ったことではなかったんですね。

やがて、五月が十二支でいう午の月であり、奇数が重なっておめでたい重五の日だということで、「午の月の端の午の日」=五月五日になったわけです。

季節的にも雨季を迎え、病気や災厄の祓いも大事な行事でした。香り高い菖蒲や蓬が邪気を祓うとされていたんですね。

そこで、蓬で作った人形を軒に飾ったり、菖蒲酒を飲んだり、菖蒲湯に浸かって邪気祓いをしたそうです。

菖蒲酒を飲むわけ

端午の節句には、早乙女が菖蒲酒で穢れを祓って、神聖な存在になってから田植えに臨んでいたそうです。

つまり、女性のためのおまつりであり、俗に「女の家」といい、当時の女性にとっては堂々と休める嬉しい日でもあったのですね。

男子のお祭りへと変化

武士の力が強くなると、「菖蒲」が「尚武」や「勝負」に通じて、葉の形も剣に似ていることから、兜に菖蒲を飾ったり流鏑馬をするようになったようです。

こうして、5月5日が男の子のおまつりへと変わっていき、さらに、江戸幕府によって五節句のひとつに定められました。

その後、男の子が強く逞しく成長して立身出世することを願う行事として定着していくわけです。

昭和23年には子供の人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日として、祝日に指定されています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク