夏にも出る低温注意報、暑さの基準は夏日や真夏日で高温注意報はない

夏にも出る?低温注意報とは

夏季と冬季で考え方が違う

夏季の低温注意報

まず、低温注意報というのは、低温によってなんらかの災害が発生するおそれがある場合に発表されるんですね。しかし、夏季と冬季では考え方が違うそうです。

まず、夏季は低温のために、農作物などにたいへんな被害が発生すると予想されるときに発表されます。

ということは、どれだけ全体として気温が低い日が続くか、多いかが問題になるので、発表の目安は主として平均気温になるわけです。

冬季の低温注意報

では、冬季の場合はどうなのでしょうか。冬は低温によって水道管の凍結や破裂による被害が発生するときに発表されます。

そういった、ピンポイントの被害になるので、発表の目安は主として最低気温になるそうです。

実際の低温注意報のレベルは?

地方によって異なることに注意

先ほども説明したとおり、低温注意報は、夏にも冬にも出ます。冬は、いわゆる、冷夏で一般の生活よりも農業などに影響が大きいデータです。

冬の低温注意報は、水道管が凍結や破裂など、ライフラインへの影響が出たりすることなので、生活と直接結びついています。

東京ではどれくらいで発令されるか

東京都の低温注意報の基準が何度かですが、次のようになっています。
・冬期:最低気温がマイナス7度以下(多摩西部はマイナス9度以下)
・夏期:平均気温が平年より5度以上低い日が3日続いた後に、更に2日以上続く事が予想される場合。

東京という地域は、自動車の往来や、発電量の多さなどもあって、沖縄県を除いて、日本中でも暖かい地域だそうです。

それがマイナス7度になるということは、相当な寒波やってきたことになるわけです。水道管凍結はマイナス4度になると、危険だと言われます。

ちなみに、大阪の低温注意報は最低気温がマイナス5度以下のときに発令されることになっているそうです。

着雪注意報とは?

通信線や送電線対策

雪が付着することによって、高圧電線や船舶などに被害が起こることが予想されるときに発表される注意報です。

発表基準は地域ごとに異なっています。内容は最低気温や降雪量などの数値、または、著しい着雪のおそれのあるときといった基準があるそうです。

この注意報は、沖縄県、鹿児島県の奄美地方や東京都の伊豆諸島、小笠原諸島などには基準がないんですね。

雪の降り具合で出方も変わる

じつは、どれだけ雪が降ったから、という基準はないそうです。あくまでも、被害予想よるものだそうです。

ただし、大雪注意報や大雪警報が出ているときで気温がマイナス2℃より高いときは、着雪注意報が出やすいと言うことになっているそうです。

ようするに「着雪」というのは、主に電線などに雪がこびりついて重くなることなので、雪が多いかどうかよりも、電線にくっつくかどうかの方が重要なんですね。

着氷注意報とは?

正式には着氷に関する注意報

通信線や送電線などへの着氷が著しく、被害が起こるおそれがある場合に発令されます。北海道では、着氷注意報は「船体着氷」を指すそうです。

たとえば、函館地方の船体着氷注意報の基準でいえば、「水温が4℃以下、気温がマイナス5℃以下、風速が8 m/s以上のとき」ということになっているそうです。

着氷の原因とは?

これは、大気中の水蒸気が氷となって電線や航空機などに付着することが原因になっているんですね。

ときには、海や川の水が船体などに付着して凍ることもあります。これによって災害が起こるおそれがあるときにも発表されます。

また、電線に着氷すると送電に障害が起こったりします。

この発表基準は地域ごとに異なっています。最低気温による数値の基準や、単に著しい着氷のおそれのあるときなどという基準などがあるそうです。

ちなみに、沖縄県や鹿児島県の奄美地方、愛媛県、兵庫県、東京都の伊豆諸島などは着氷による災害が起こったことがほとんどないので基準がありません。

寒さを表現する言い方もいろいろ

似て非なる言葉の意味を知っておこう

「冬日」、「真冬日」は言葉が似ていますね。そこへ持ってきて、よく聞くのが「真冬並みの寒さ」という言い方でしょうか。

他にも、「この冬一番の寒さ」「平年並み」「観測至上一番の寒さ」「過去に例を見ない寒さ」と言った言葉がよく聞こえてきますね。

このうち、正しい気象用語は冬日と真冬日だけです。他は、「こういう状態」「比較して」という意味合いだそうです。

ただ、「真冬」がいつ頃をさすのかは暦の上でもはっきりしています。2月末頃の大寒あたりの日をさしていると考えられるそうです。

気象用語では気温からしっかり規定

データもきちんと取れる

これは、冬でも気象用語で「真冬日」と「冬日」がのふたつがあります。この2つの気温は「最高気温」と[最低気温]に基づいて出されます。

最高気温

1日の気温の変化の中で、最も高い気温になったときの値。だいたい午後2時頃になることが多い。

最低気温

1日の気温の変化の中で、最も低い気温になったときの値。だいたい夜明け前になることが多い。

ちなみに、冬日と真冬日の規定は次の通りです。

冬日

最低気温が氷点下になった日のことを言います。

真冬日

最高気温が氷点下になった日のことを言います。

ようするに、明け方、氷点下まで下がって、水たまりが凍ったりするのが冬日。日中も氷がとけないのが真冬日、というイメージでしょうか。

暦の流れでの感じ方

昨日よりも寒い、という世間話的使い方

天気予報などでも「この冬一番の寒さ」という言い方はよく使われていると思います。これは、ふだんの会話がそういうふうになっているからわかりやすいんですね。

というのは、寒さも、体感でいうと、慣れがあるので、その分、ずれてきてしまうわけです。

したがって、「この冬一番の寒さ」も、一冬の中で何度も出現することになります。でも、人間の感じ方は、それが一番すんなりと受け入れられるのかも知れません。

データだけでは説明しにくい

北国では、寒い前提で暮らしが成り立つ

たとえば、東京では、最高気温が一日中マイナス以下の「真冬日」などという日は、一年に何日あるかないか程度です。

しかし、北海道となれば、最高気温が、0度以下はある時期になれば、当たり前のことで、その程度が大きいか小さいかのレベルです。

寒波がくると、その寒波がもたらす空気は、マイナス15℃とかマイナス30℃といったことになっています。

その空気の影響がどこまで届くのかは年によってさまざまです。だから、寒さのことを話すときに、地域を限定しないと、うまく通じないことになるんだそうです。

「高温注意報」はじつは存在しない

熱中症対策が急務

熱中症対策として、新たな注意情報として出されるようになったのが「高温注意情報」というものだったんですね。

じつは、気象庁の定めている注意報や警報の中には「高温注意報」というのはないんです。「低温注意報」はあるみたいです。

ようするに、暑さそのものではなく、それによって起こる熱中症に向けての対策に関する気象情報というものなんだそうです。

急上昇する熱中症リスク

異常気象時の高温対策が必要

北海道、沖縄を除く地域が対象だそうですが、翌日又は当日の最高気温が発表基準(おおむね35℃)以上になることが予想される場合に「高温注意情報」を発表することになっています。

さらに、向こう1週間で高温注意情報が発表されるような気象の状態が続きそうな場合にも、数日前から「高温に関する気象情報」を発表するそうです。

それと、5日目以降の1週間の平均気温が平年よりかなり高いか、かなり低いときに発表されている異常天候早期警戒情報というのがあります。

これが、平均気温が一定の値を超える可能性が大きいときに、「熱中症等の健康管理に注意」などコメントを加えて注意を促すそうです。

高温注意情報と高温に関する気象情報

ややこしいけど、少し違う

1.高温注意情報

翌日又は当日の最高気温が発表基準以上になることが予想される場合に、発表される情報です。

気温予測グラフを掲載して、熱中症への注意を呼びかけることになっています。

2.高温に関する気象情報

向こう1週間で最高気温が発表基準以上になることが予想される場合に、数日前から「高温に関する気象情報」を発表するそうです。

3.高温に関する異常天候早期警戒情報

7日間平均気温が平年よりかなり高い場合に発表される「高温に関する異常天候早期警戒情報」があります。

そこで、7日平均気温が概ね26℃を超える確率が 30%以上と予想される場合に、熱中症に対する注意を呼びかけるものだそうです。

熱中症について

熱中症が起こるメカニズムとは

ふつう、身体の中では生み出される熱と放出される熱はバランスがとれているんですね。このバランスが崩れたとき、熱中症になってしまいます。

熱中症というのは、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できなくなって起こるいろいろな症状をまとめて呼びます。

熱中症にかかっている危険性のある症状

1.めまいや顔のほてり

めまいや立ちくらみ、顔がほてりなどがみえたら、熱中症の可能性があります。ときには、一時的な意識喪失や、腹痛などの症状が出ます。

このような熱中症のサインがみえたら、症状を悪化させないために、水分補給・塩分補給を行います。

2.筋肉痛や筋肉のけいれん

「こむら返り」と呼ばれますが、手足の筋肉がつります。このとき、筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。

3.体のだるさや吐き気

体がぐったりして、力が入らなくなります。吐き気がしたり、頭痛などを伴う場合もあります。

4.汗のかきかたがおかしい

ふいてもふいても汗がでます。または、逆にまったく汗をかいていなかったりと、汗のかきかたが異常になってしまいます。

5.体温が高い、皮ふの異常

体温が高くなり、皮ふを触るとすごく熱くなっています。そして、皮ふが赤く乾いていたりします。

6.呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする場合は危険です。体がガクガクとひきつけたり、まっすぐ歩けなかったりと異常がみえたら、重度の熱中症の可能性があります。

7.水分補給ができない

呼びかけに反応しなかったり、もう自分でうまく水分補給もできないときはもう、大変危険な状態だといえます。

この場合は、すぐ医療機関を受診するために、救急車を呼ぶ方がいいでしょう。

このように、とっても怖い熱中症にならないために見、高温注意情報を活用する必要があるわけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク