L92乳酸菌やロイテリ菌、腸内環境の正常化でアトピーのかゆみが改善

L92乳酸菌はカルピスが見つけた乳酸菌

アトピー性皮膚炎との関連に注目されている

最近、さまざまな乳酸菌が注目されるようになってきました。その中で「L-92乳酸菌」と呼ばれる菌がアトピー性皮膚炎などのアレルギーと関係があると注目されています。

正式名は「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」です。この「L-92乳酸菌」は、体の内側からバランスを整えるはたらきあると言われており、アレルギーに対する影響も期待されています。

なお、「L-92乳酸菌」は、一般的な乳製品からは摂ることができない貴重な乳酸菌だそうです。

長年の研究で見つかった乳酸菌

アレルギーの原因と関わる腸内細菌

まず、数多くの菌株の中から、まず10種類を厳選したそうです。その中から体のバランスを整えるはたらきが期待できるものを探したなかでみつかったのが「L-92乳酸菌」だそうです。

人体に良い影響を与える微生物を善玉菌といいます。それを含む食品やサプリメントを十分摂取した時に、腸内細菌が変化するそうです。

これは、アトピー性皮膚炎にも研究報告が発表されています。特に、乳幼児のアトピー性皮膚炎の予防や症状の改善に効果があったとする報告があるそうです。

「L-92乳酸菌」が入った乳酸菌飲料やサプリメントが、アトピー性皮膚炎に限らず花粉症などのアレルギー疾患の症状の改善につながるという研究結果が出ているんですね。

ただ、その効果の現れ方は、人によって様々だそうです。また、サプリメントや食品は治療の補助的な役割を持つ、と考えることも大切だといわれています。

生きて届く必要のない「L-92乳酸菌」

「L-92乳酸菌」は、免疫細胞のバランスを整えます。それによって、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和することがヒト試験で明らかになっているそうです。

また、これらの結果は、殺菌した「L-92乳酸菌」で確認されているので、菌体を構成する成分が関与していると考えられ、サプリメントとして、活用できると言われています。

腸内フローラについて

健康に深く関与する腸内細菌

人のおなかの中には、数百種類の腸内細菌がいて、数にすれば100兆個以上だそうです。

これらの菌が腸内で群がって集合体を形成しています。これを「腸内フローラ」というそうです。

細菌の研究で、腸内フローラにおける菌の生成物が、人の健康と深くかかわっていることが明らかになってきました。

腸内フローラの環境をよい状態に保つことがとても大切になっているとわかってきたわけです。

乳酸菌の大切なはたらき

健康のために、目を離すことができない乳酸菌

乳酸菌は、乳酸を作り出す微生物です。いわば、栄養分を分解して乳酸を作る菌のことを総称して乳酸菌と呼んでるわけです。

よく、「生きて腸ではたらく」といわれますが、実は、乳酸菌自体が持つ成分や乳酸菌が作りだした物質にも、からだにとって有効なはたらきがあることがわかってきました。

乳酸菌は、乳酸を作る量や育つ温度、栄養などで分類されています。現在までにおよそ400種類の乳酸菌が発見されているそうです。

アレルギー症状の緩和に関係する乳酸菌

乳酸菌は発酵の過程で乳酸以外にも様々な物質を作りだしているそうです。その中には、健康に役立つものもたくさんあります。

たとえば、「ラクトトリペプチド」という成分は乳酸菌が作りますが、高めの血圧を下げるはたらきや血管機能を改善するはたらきがあることがわかってきました。

また、腸にはからだを調整する免疫細胞や神経がたくさんあって、「L-92乳酸菌」では、菌体成分が免疫細胞や神経を刺激するそうです。

それによって、アレルギー症状やストレスが緩和される効果が報告されているんですね。

プロバイオティクスとは?

今、医療で注目の予防医療

優れた善玉菌のことをプロバイオティクスといいます。これによって、体内に存在する悪玉菌と善玉菌のバランスをコントロールする予防医療が注目されています。

じつは、私たちの体には、約100兆個もの菌が存在しているそうです。そのなかには、いい影響を与える善玉菌もいれば、悪い影響を与える悪玉菌もいます。

しかし、それぞれがバランスを取りながら共存していることも事実なんですね。

ところが、その体内菌バランスが崩れると大変です。歯周病、発熱、炎症、アレルギーなどさまざまな不調が現れてくるわけです。

ロイテリ菌の発見

現代人から失われた乳酸菌

1980年、アンデスの高地に住むペルー人の女性の母乳から、「ロイテリ菌」という乳酸菌が発見されました。

環境汚染とは無縁の生活を送ってきた彼女には、人間本来の自然な状態を保っていたわけです。

その健康を支えるロイテリ菌は、とても有益な菌でした。その後の研究によって、その有益性は次々と明らかになっていったのです。

ロイテリ菌は、口の中から胃、腸に行き渡り、定着して体質を改善し、免疫力のバランスを整え、病気の予防や症状の軽減をもたらしてくれる、優良な善玉菌だったのです。

ロイテリ菌の優れた面は他にもあります。ロイテリ菌はもともと人体に存在する人由来の菌なので安全性が高いので、乳幼児や高齢者、病人や妊婦にも安心して使えるのです。

また、ロイテリ菌は酸に強いので、胃酸で死ぬことなく、腸までたどりついて、腸に定着できるというのが、他の多くの乳酸菌にはない特徴だったのです。

今、注目の「菌活」

大切なのは菌のバランス

かつては、菌を殺して、それによって、健康につながると思われていました。しかし、今では、菌による口腔内や腸内環境の改善が健康への近道だということがわかってきたのです。

それは、良い菌まで殺してしまう「殺菌」という概念ではなく、菌と上手に付き合う「菌活」という概念に変化し始めているそうです。

ロイテリ菌は、生きたまま、元気な状態で腸に到達することができます。そのため、腸内の善玉菌を増やして、菌のバランスを良好にできる可能性が高くなります。

ロイテリ菌が腸で増えると、悪玉菌の増殖を抑え込んでくれます。そして、腸全体の状態の改善につながると言われています。

バクテリアセラピーとは?

今注目される、バクテリアセラピー

最近になって、投薬治療を補完して、さらに健康を保つ方法として、バクテリアセラピーが注目を浴びています。

バクテリアセラピーは、健康維持効果・安全性につながる技術だといわれています。現在、世界63の国と地域の医療機関が導入しているそうです。

また、90以上の医療機関でバクテリアセラピーに活用されているのがロイテリ菌なんです。それは、子どもや高齢者に副作用がないことがわかっているからです。

免疫細胞の7割は小腸に存在しているそうです。その細胞がロイテリ菌の投与によって活性化することがわかってきたそうです。

また、アトピー性皮膚炎の乳児に7年間ロイテリ菌を用いたところ、症状が著しく改善したそうです。

さらに、スウェーデンなどの欧州各地では、ロイテリ菌が乳児用粉ミルクに配合されています。また、母親がロイテリ菌を摂取すると母乳中の免疫成分が増えることもわかってきたそうです。

腸内環境とアトピー

体内の免疫システムと深い関係

アトピーのさまざまな症状は、体内の免疫システムの過剰反応の結果だといわれています。

そして、かゆみなどの症状がでるわけで、その免疫システムは、小腸や大腸に存在する免疫細胞の状態に、とても大きく依存しているといわれています。

ようするに、腸内環境の正常化によって、体全体の免疫システムが正常に保たれるということになり、結果としてアトピーなどのアレルギー症状が抑えられるというわけです。

よく知られていることに、善玉菌と悪玉菌という菌が腸内には存在していて、善玉菌は人体に良い影響をもたらし、悪玉菌は悪影響を及ぼす可能性があると言うことです。

この2つの菌はバランスが重要で、菌のバランスが崩れてしまうと、悪玉菌は有害物質を出し、免疫システムが異常になってしまうわけです。

このバランスを元に戻すためには、善玉菌の数を増やして、バランスを調整することで腸内環境を整える必要があるのです。

ヨーグルトは、善玉菌を生きたままの状態で腸内まで運ぶ可能がある食品だともいえます。

ただし、製品によって含んでいる乳酸菌の種類や量もさまざまです。アレルギー対策に合うヨーグルトを選ぶ必要があるわけです。

腸内細菌とは

生きるために欠かすことのできないパートナー

人の腸内の壁には、微生物が隙間なくぎっしりと生息しているそうです。ちなみに、1人の人間の体内にいる腸内細菌は約300種類、数は100兆個といわれています。

その腸内細菌には、人にとって、どう関わるかによって大きく3つに分けられているそうです。

一つ目が、乳酸菌に代表されるような善玉菌で、二つ目がウェルシュ菌に代表される悪玉菌、そして、三つ目がどちらにもなる、日和見菌と呼ばれる中間菌なんです。

そして、このうちの日和見菌のはたらきは、善玉菌が増えれば善玉菌に、悪玉菌が増えれば悪玉菌として振る舞うものなのです。

悪玉菌のはたらき
悪玉菌は体内で発がん物質を作り出したり、アンモニアや硫化水素などの有害物質を作ったりします。

それによって、下痢や便秘、高血圧やガン、動脈硬化など、さまざまな症状の原因を作ってしまうわけです。

また、悪玉菌がつくりだした有害物質は、自律神経の働きを乱すことになります。そのために、アレルギー性疾患に悪影響を与えるといわれています。

アトピーと腸の深い関係

善玉菌が増えるとアトピーは改善される

昔から、健康は腸から、などといわれていました。それは、きっと経験的にわかっていたことだと思いますが、今は、腸内細菌との関係で明らかになっています。

便秘も腸内細菌のバランスを整えれば改善されることがわかってきましたし、そうなると、ヨーグルトにも大きな意味が出てきます。

ヨーグルトが乳酸菌だけでなく、善玉菌であるビフィズス菌を含んでいたり、ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖を含んでいたり、といったことの重要性です。

ヨーグルトの乳酸菌やビフィズス菌が腸内の善玉菌を増やすことで、アレルギーに強い体質を作ることが可能なのです。

食物アレルギーでアトピーや湿疹が出るという現象も、腸の中の菌のバランスがよくなれば、アレルギーが起こりにくくなる、ということなのです。

ヨーグルトは毎日の積み重ね

効果は人それぞれ

ヨーグルトを食べることで、アトピーが改善されるのは、腸内環境の改善だと言うことがわかりました。

しかし、このことは、一日二日で、薬のように効くというものではないこともわかると思います。

さらに、人によって、腸内環境は違います。ビフィズス菌の割合も人によって違うわけで、早く環境が改善できる人もいれば、いつまでも変わらないという人もいます、.

ようするに、薬と同等の効果をヨーグルトに期待するのは、間違っているといえそうです。

場合によっては、サプリメントを併用することで、比較的早く結果を出せるかも知れません。

子どものころ、アトピーがひどかったのに、年齢とともに自然と治ってきたという場合は、腸内の免疫システムが次第に改善されていったことだと考えられるそうです。

ということは、子どものアトピーにはヨーグルトの摂取によって、免疫バランスを改善できる可能性が高いと言うことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク