小倉百人一首の由来、ちはやふるとちはやぶるの違い、競技かるたの世界

目次

小倉百人一首、なぜ「小倉」なのでしょうか

藤原定家がある理由で百人一首を選んだ、その地名が由来だそうです

百人一首、家族で楽しんできた人も多いでしょう。学校で百人一首大会なんてあったりしますよね。

さて、その百人一首、「小倉百人一首」なんて呼び名があります。これって何でしょう。

さかのぼること、今から約730年、鎌倉時代の歌人である藤原定家が100首選んだことが由来です。

あるとき、鎌倉幕府の御家人の宇都宮頼綱の求めで、京都嵯峨野に建築した別荘・小倉山荘の襖の装飾のため、定家に色紙の作成を依頼したそうです。

そこで、定家が、飛鳥時代の天智天皇から鎌倉時代の順徳院まで、100人の歌人の優れた和歌を一首ずつ選び、年代順に色紙にしたためたものなんですね。

何とも風情のある話だと思いませんか。

小倉百人一首以外の百人一首

いくつか残されている他の百人一首

古いものでは、1483年ですね。時の将軍・足利義尚が選んだ「新百人一首」なるものが有名だそうです。

また、1800年頃に作られたと言われる「後撰百人一首」もなかなか有名だという話です。
このほかにも、武士だけの和歌を選んだ「武家百人一首」や女性だけの「女百人一首」などもつくられました。

江戸時代になると、「蔵笥百首」という、言葉の学習のためにつかわれたものがつくられたそうです。

かるたはいつごろから始まったのか

「かるた」遊びの歴史は?

「かるた」という言葉の語源はポルトガル語です。いわゆる、カードですね。それが日本の遊びの中に取り込まれて、かるた遊びになっていったと言われています。

日本古来のカードゲームとしては、平安時代に遊ばれていた「貝合わせ」というものだと言われています。

「貝合わせ」とは、二枚貝をふたつに分けて、その片方を探すといった単純な遊びだったのですが、やがて宮廷で、貝に歌や絵を書いて遊ぶようになったそうです。

これを「歌合せ」といいます。貝にそえて和歌を詠み、その和歌を競い合うというものだったんですね。

そこから、それと似た絵合わせをする「貝おおい」という遊びが生まれたそうです。さらに進歩して、「歌貝」というものに発展していきます。

百人一首のかるた遊びの原型になった歌貝

「歌貝」では、貝の形をした札が上の句、下の句ともに100枚あったそうです。そして、下の句の札を並べて、上の句を詠んで下の句を取るというものになっていきます。

かるたが百人一首を取り入れた

小倉百人一首が定着していった

その後、戦国時代の頃になると、百人一首が「かるた」として遊びのなかで定着し始めます。

しかし、それはまだ宮中とか諸大名の大奥などで行われていて、そこで一年を通して楽しまれていたようです。

印刷技術がかるたを広めた

江戸時代以前の「かるた」は、まだまだ庶民の間では馴染みの薄いものだったわけですが、江戸時代に入ると、急速に普及します。

それは、当時の木版画の技術の発展が大きく関わっているんですね。その結果、庶民の中にかるたが徐々に広まっていきます。

やがて、「民用小倉百人一首」といった出版物が出て、いよいよ元禄時代の頃から一般庶民の間にも広がっていきます。

やがて、「和歌かるた」と言えば「小倉百人一首」のことを指すようになりました。結果、庶民にも馴染みあるものになったわけです。

千早振るという字の読み方は?

枕詞は特定の言葉を連想させて歌うもの

枕詞というのは特定の言葉を導いています。しかし、歌の意味とは直接の関係がないことになっているそうです。

ただ、平安時代より前につくられた万葉集などでは、枕詞そのものが意味を持つような使われ方があるので、気をつけなければなりません。

百人一首の「ちはやぶる」

「ちはやぶる」は枕詞(まくらことば)で、「神」や「宇治(うじ)」などにかかると言うことになっています。

「ちはやぶる」が使われている歌として有名なものを挙げましょう。

・ちはやぶる 神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

・ちはやぶる 宇治の橋守なれをしぞ あはれとは思ふ年のへぬれば

このように、枕詞「ちはやぶる」を聞いたら、「ちはやぶる ⇒ 神~」あるいは「ちはやぶる ⇒ 宇治~」という流れが予想できたわけです。

近代の短歌の場合でも、枕詞の性質には変わりはないようです。有名な歌人である斎藤茂吉の歌で。この「ちはやぶる」が使われているものがあります。

・ちはやぶる 神ゐたまひてみ湯の涌く 湯殿の山を語ることなし

ところで、どっちなの?ちはやふる、ちはやぶる

平安時代以降、ずっと「ちはやふる」の方だったようです。室町時代の「日甫辞書」という書には「チワヤフル」とあります。ということは、その頃は「ちはやふる」だったんですね。

江戸時代にもそれが続いていただろうと考えられるので、百人一首においても、「ちはやふる」と読まれていた時代が長かったということになるわけです。

ところが、近代の『万葉集』研究の中で、ちはやぶるの語源の研究が進み、「ちはやぶ・いちはやぶ」が語源と考えられたそうです。

ここから、「破る」の方をとり、濁って読む方を選んでいったというものです。最近の辞書も、「ちはやぶる」だけで済ませるようになったようです。

ということから、競技かるたの読みも、そういった時代背景の中で「ちはやぶる」になっていったと考えられるそうです。

レベルを意識しなければ家族でも楽しめる百人一首かるた

レベルが上がれば、それなりの方法が必要

トランプやUNOのようなカードゲーム、家族や友人みんなで楽しめますね。やっていて、時間を忘れてしまい夢中になった記憶ありませんか。

じつは、それ以上に楽しめて、奥が深いのが百人一首なんです。かるたとしての歴史も古く、その詠まれた歌の風情から、多くの方に支持されているんですね。

そして、近年は競技としてのかるたも有名になってきました。ただ、百人一首を楽しむには、幾通りかの方法があります。

初心者から、ベテランまで、それぞれのレベルで楽しむことができるのが百人一首のよさなんです。

はじめはちらし取りからはじめよう

家族で楽しむならこれで十分

初めての時は、「ちらし取り」という方法でかるたを楽しみます。これは、札を、バラバラと普通のカルタ遊びのように広げて取る方法です。

少しなれてきたら「源平合戦」です。2チームに分かれて、札の取り合いをして、自陣の札が先になくなったら勝ち、というルールです。

競技かるたは源平合戦の1対1版のようなもので、なかなか厳しいルールがあります。

いずれにしても、札を覚えたり、上の句のはじめの言葉を聞いて、それだけで札を取る「決まり字」というものを覚えていけば、さらにおもしろくなります。

現在の競技の方法

正式ルールを知ればさらにおもしろさが増す

1.ちらし取り

100枚の札を全て並べ、その周囲に座ります。そして、読まれた歌の札を取ります。お手付の場合は、獲得した札を減らします。または、1回休みなどの罰が与えられます。

100枚が全ての札が取られた時点で終了になります。最終的に最も多くの札を獲得した人が勝ちになるわけです。

2.源平合戦

読み手を除く参加者を源氏・平氏の陣営に分けます。両陣営は向かい合い、50枚ずつのを3段に分けて、自分たちの方を向けて並べます。

読まれた歌の札に先に触れた陣営が、その札を獲得します。同時の場合は、自陣にある側が獲得します。

敵陣の札を取ったときは、自陣の任意の札1枚を敵陣に送ります。お手付の場合は、敵陣から任意の札1枚が送られてきます。そして先に自陣の札がなくなったら勝ちです。

かるた競技

1対1の個人戦です。まず100枚の札を裏向けて混ぜ、25枚ずつ取って持ち札とします。残りの50枚は使用しないので空札と呼ばれます。

各自の持ち札を上中下の3段に分けて、自分の方を向けて自由に並べます。自分の範囲を自陣といい、相手の範囲を敵陣といいます。

札の位置を15分間記憶します。競技開始後、読み手は、百人一首以外の歌を読みます。続けて、読み手は、百人一首の上の句を読みます。

読まれた歌の札に先に触れた方が、その札を獲得します。二人同時の場合は、自陣にある側が獲得します。

獲得した札を場から取り除き、その札が敵陣のものである場合は、自陣の任意の札 1 枚を敵陣に送ります。これを送り札といいます。

読まれていない歌の札に触れた場合は、お手付です。その場合、敵陣から任意の札 1 枚が送られます。先に自陣の札がなくなった方が勝ちです。

百人一首の決まり字がおもしろい

え、どうしてそれが取れるの?

実は、百人一首の上の句を読んだとき、一字目だけを聞いて上の句がわかる札が7枚あります。これを「1字決まり」といいます。

決まり字の文字数は一字で決まる「一字決まり」から「六字決まり」まであります。たとえば、「二字決まり」のひとつ、「わび」でいくと、この決まり字の下の句はひとつしかないので、その札を取ることが可能になります。

この決まり字を覚えると、、早く下の句の札を見つけることができますね。これでもっと楽しく遊べるわけです。

「小倉百人一首 覚え方」のページへ

競技かるたが「ちはやふる」で知名度アップ

もはやスポーツの領域ともいえそうなくらいです

高校の部活動で、少し変わった部活動が、注目を集めているそうです。その名は「競技かるた部」です。

これだけ注目を浴びるようになったきっかけが、競技かるたをテーマにした漫画「ちはやふる」ですね。

1対1の勝負ですし、スピードと集中力が要求される、紛れもないスポーツだといえそうです。

実際、競技かるたの大会に出ると1日で何試合もやることになります。勝負がかかることもあって、2試合もすればへとへとに。

結局、体力が続かなければ、勝ち続けられないと言うことなんですね。

いったいいつから競技になったのか

遊びからゲームへの変遷

現在の「競技かるた」が始まったのは、明治37年だそうです。というより、ルールが統一されたのがそのときですね。

以前から「かるた競技」は楽しまれていたわけですが、ルールがばらばらでした。

それを統一して、現在の競技かるたを確立したのは、明治のジャーナリスト黒岩涙香という人です。

涙香は新聞「萬朝報」に「かるた早取り法」という特集記事を掲載しました。そして第1回の全国競技会を、東京日本橋の常磐木倶楽部で開催したんです。

その後、戦争のために競技かるたは中断していましたが、戦後、統一して全日本かるた協会が設立されました。

家庭で遊ぶルールとは違う

競技かるたの基本ルールを知ろう

読み手が上の句を読み、それを聞いて、相手よりも早く下の句の書かれた札を取りに行く、というルールは一般のかるたと同じです。

しかし、競技かるたでは、百人一首の100枚の札のうち50枚しか使いません。したがって、「読まれない」札があるわけです。

かといって、何が出るかは偶然なので、百人一首の全ての歌を覚える必要がありますし、まちがってお手つきをすることは負けにつながります。。

試合の流れ

読み手は1人で札は取りません。取る人が2人で1対1で対戦します。使用する札は,読み札100枚と,取り札50枚になります。

1.札をかきまぜる

100枚の札を裏向きにしてよくかきまぜ、その中から,各自25枚ずつの合計50枚を取り出して,それを持ち札にします。

残った50枚はからふだといって、読み手は読みますが札がないので、間違えて他の札をさわってはいけないのです。

2.札を並べる

競技かるたは札の並べ方が決まっているんです。横は87cmに札15から16枚、敵陣との間は3cm、持ち札25枚は、3段に1cm感覚で好きなように並べます。

3.取り札の場所を覚える

競技を始める前に,取り札を覚えることができます。そのための暗記時間は15分です。この時間内で、どこにどの札があるかを頭に入れてしまいます。

4.試合開始

競技者は読まれた札を順に取りますが、自陣の札だけではなく、敵陣の札もとれます。相手がお手つきをしたときや、敵陣の札を取ったときは、自分の札を相手に送ります。

最終的に持ち札がなくなった方が勝ちになるわけです。

個人戦と団体戦がある競技大会

個人戦

個人戦はトーナメント方式で、全日本かるた協会の主催大会では、5階級(A級~E級)に分かれて実施されています。

下位の級でいい成績をおさめれば、上位の級に昇級することができるそうです。もちろん階級が上がるほど、求められる成績も厳しくなるわけです。

団体戦

団体戦は個人戦とは違い、大会によって進め方が異なるようです。高校では「全国高校選手権大会(団体戦)」ですね。

全国高校選手権大会(団体戦)は、5人形式で3勝した方が勝ち点を獲得するルールになっています。選手登録は主将~八将までの8名までを配置します。

8人の中から対戦ごとに5名の対戦順を決めるわけですが、対戦相手の配置は事前に分からないため、この配置が重要な駆け引きなんですね。

主な全国大会

・名人戦・クイーン戦
・全国かるた競技選抜大会
・全日本かるた選手権大会
・全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会(いわゆる、かるた甲子園)
・全国職域学生かるた大会
・全日本かるた大学選手権大会

級位・段位

全日本かるた協会では級位・段位を決めています。級位は大会に出場するクラスを指し、段位は実力により与えられるものです。
・級位:A級~E級
・段位:初段~十段

かるた競技に必須の「決まり字」

覚え方は工夫と努力のみ?

百人一首は平安時代のイメージが強いですね。しかし、七世紀の天智天皇から始まって、十三世紀の順徳院までの、なんと、約600年間に渡っているんです。

百首の順番は、だいたいの本でも統一されているのが、おおまか歴史順です。ようするに、原則は、前の方ほど古い歌が配列されているわけです。これが歌番号順です。

決まり字はかるた遊びから

「一字決まり」の場合は、一般に頭の1文字を取って、「む・す・め・ふ・さ・ほ・せ」と覚えるのが多いようです。

今回は、覚えやすいように、それぞれの決まり字は50音順にまとめました。特に決まった覚え方もないようです。自分の覚えやすいようにしましょう。

一字決まりの句一覧

上の句を1字聞くだけで、下の句を決めることができる札が7枚あります。

一字決まり (7句)

(70)びしさに やどをたちいでて ながむれば
下の句→いづこもおなじ あきのゆふぐれ
(18)みのえの きしによるなみ よるさへや
下の句→ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ
(77)をはやみ いはにせかるる たきがはの
下の句→われてもすゑに あはむとぞおもふ
(22)くからに あきのくさきの しをるれば
下の句→むべやまかぜを あらしといふらむ
(81)ととぎす なきつるかたを ながむれば
下の句→ただありあけの つきぞのこれる
(87)らさめの つゆもまだひぬ まきのはに
下の句→きりたちのぼる あきのゆふぐれ
(57)ぐりあひて みしやそれとも わかぬまに
下の句→くもがくれにし よはのつきかな

二字決まりの句一覧

上の句を2字聞くだけで、下の句を決めることができる札が42枚あります。

ニ字決まり (42句)

(52)あけぬれば くるるものとは しりながら
下の句→なほうらめしき あさぼらけかな
(3)あしびきの やまどりのをの しだりをの
下の句→ながながしよを ひとりかもねむ
(43)あひみての のちのこころに くらぶれば
下の句→むかしはものを おもはざりけり
(61)いにしへの ならのみやこの やへざくら
下の句→けふここのへに にほひぬるかな
(74)うかりける ひとをはつせの やまおろしよ
下の句→はげしかれとは いのらぬものを
(65)うらみわび ほさぬそでだに あるものを
下の句→こひにくちなむ なこそをしけれ
(5)おくやまに もみぢふみわけ なくしかの
下の句→こゑきくときぞ あきはかなしき
(72)おとにきく たかしのはまの あだなみは
下の句→かけじやそでの ぬれもこそすれ
(82)おもひわび さてもいのちは あるものを
下の句→うきにたへぬは なみだなりけり
(26)をぐらやま みねのもみぢば こころあらば
下の句→いまひとたびの みゆきまたなむ
(51)かくとだに えやはいぶきの さしもぐさ
下の句→さしもしらじな もゆるおもひを
(6)かささぎの わたせるはしに おくしもの
下の句→しろきをみれば よぞふけにける
(91)きりぎりす なくやしもよの さむしろに
下の句→ころもかたしき ひとりかもねむ
(97)こぬとを まつほのうらの ゆふなぎに
下の句→やくやもしほの みもこがれつつ
(24)このたびは ぬさもとりあへず たむけやま
下の句→もみぢのにしき かみのまにまに
(41)こひすてふ わがなはまだき たちにけり
下の句→ひとしれずこそ おもひそめしか
(10)これやこの ゆくもかへるも わかれては
下の句→しるもしらぬも あふさかのせき
(40)しのぶれど いろにいでにけり わがこひは
下の句→ものやおもふと ひとのとふまで
(37)しらつゆに かぜのふきしく あきののは
下の句→つらぬきとめぬ たまぞちりける
(73)たかさごの をのへのさくら さきにけり
下の句→とやまのかすみ たたずもあらなむ
(55)たきのおとは たえてひさしく なりぬれど
下の句→なこそながれて なほきこえけれ
(4)たごのうらに うちいでてみれば しろたへの
下の句→ふじのたかねに ゆきはふりつつ
(16)たちわかれ いなぱのやまの みねにおふる
下の句→まつとしきかば いまかへりこむ
(89)たまのをよ たえなばたえね ながらへば
下の句→しのぶることの よわりもぞする
(34)たれをかも しるひとにせむ たかさごの
下の句→まつもむかしの ともならなくに
(17)ちはやぶる かみよもきかず たつたがは
下の句→からくれなゐに みづくくるとは
(23)つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ
下の句→わがみひとつの あきにはあらねど
(13)つくばねの みねよりおつる みなのがは
下の句→こひぞつもりて ふちとなりぬる
(36)なつのよは まだよひながら あけぬるを
下の句→くものいづこに つきやどるらむ
(33)ひさかたの ひかりのどけき はるのひに
下の句→しづこころなく はなのちるらむ
(90)みせばやな をじまのあまの そでだにも
下の句→ぬれにぞぬれし いろはかはらず
(14)みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに
下の句→みだれそめにし われならなくに
(94)みよしのの やまのあきかぜ さよふけて
下の句→ふるさとさむく ころもうつなり
(100)ももしきや ふるきのきばの しのぶにも
下の句→なほあまりある むかしなりけり
(66)もろともに あはれとおもへ やまざくら
下の句→はなよりほかに しるひともなし
(59)やすらはで ねなましものを さよふけて
下の句→かたぶくまでの つきをみしかな
(47)やへむぐら しげれるやどの さびしきに
下の句→ひとこそみえね あきはきにけり
(71)ゆふされば かどたのいなば おとづれて
下の句→あしのまろやに あきかぜぞふく
(46)ゆらのとを わたるふなびと かぢをたえ
下の句→ゆくへもしらぬ こひのみちかな
(85)よもすがら ものおもふころは あけやらで
下の句→ねやのひまさへ つれなかりけり
(62)よをこめて とりのそらねは はかるとも
下の句→よにあふさかの せきはゆるさじ
(20)わびぬれば いまはたおなじ なにはなる
下の句→みをつくしても あはむとぞおもふ

三字決まりの句一覧

上の句を3字聞くだけで、下の句を決めることができる札が37枚あります。

三字決まり (37句)

(79)あきかぜに たなびくくもの たえまより
下の句→もれいづるつきの かげのさやけさ
(1)あきのたの かりほのいほの とまをあらみ
下の句→わがころもでは つゆにぬれつつ
(39)あさぢふの をののしのはら しのぶれど
下の句→あまりてなどか ひとのこひしき
(78)あはぢしま かよふちどりの なくこゑに
下の句→いくよれざめぬ すまのせきもり
(45)あはれとも いふべきひとは おもほえで
下の句→みのいたづらに なりぬべきかな
(44)あふことの たえてしなくば なかなかに
下の句→ひとをもみをも うらみざらまし
(12)あまつかぜ くものかよひぢ ふきとぢよ
下の句→をとめのすがた しばしとどめむ
(7)あまのはら ふりさけみれば かすがなる
下の句→みかさのやまに いでしつきかも
(56)あらざらむ このよのほかの おもひでに
下の句→いまひとたびの あふこともがな
(69)あらしふく みむろのやまの もみぢばは
下の句→たつたのかはの にしきなりけり
(30)ありあけの つれなくみえし わかれより
下の句→あかつきばかり うきものはなし
(58)ありまやま ゐなのささはら かぜふけば
下の句→いでそよひとを わすれやはする
(21)いまこむと いひしばかりに ながつきの
下の句→ありあけのつきを まちいでつるかな
(63)いまはただ おもひたえなむ とばかりを
下の句→ひとづてならで いふよしもがな
(60)おほえやま いくののみちの とほければ
下の句→まだふみもみず あまのはしだて
(95)おほけなく うきよのたみに おほふかな
下の句→わがたつそまに すみぞめのそで
(98)かぜそよぐ ならのをがはの ゆふぐれは
下の句→みそぎぞなつの しるしなりける
(48)かぜをいたみ いはうつなみの おのれのみ
下の句→くだけてものを おもふころかな
(80)ながから  こころもしらず  くろかみの
下の句→みだれてけさは ものをこそおもへ
(84)ながらへば またこのごろや しのばれむ
下の句→うしとみしよぞ いまはこひしき
(53)なげきつつ ひとりぬるよの あくるまは
下の句→いかにひさしき ものとかはしる
(86)なげけとて つきやはものを おもはする
下の句→かこちがほなる わがなみだかな
(25)なにしおはば あふさかやまの さねかづら
下の句→ひとにしられで くるよしもがな
(96)はなさそふ あらしのにはの ゆきならで
下の句→ふりゆくものは わがみなりけり
(9)はなのいろは うつりにけりな いたづらに
下の句→わがみよにふる ながめせしまに
(2)はるすぎて なつきにけらし しろたへの
下の句→ころもほすてふ あまのかぐやま
(67)はるのよの ゆめばかりなる たまくらに
下の句→かひなくたたむ なこそをしけれ
(35)ひとはいさ こころもしらず ふるさとは
下の句→はなぞむかしの かににほひける
(99)ひともをし ひともうらめし あぢきなく
下の句→よをおもふゆゑに ものおもふみは
(49)みかきもり ゑじのたくひの よるはもえて
下の句→ひるはきえつつ ものをこそおもへ
(27)みかのはら わきてながるる いづみがは
下の句→いつみきとてか こひしかるらむ
(32)やまがはに かぜのかけたる しがらみは
下の句→ながれもあへぬ もみぢなりけり
(28)やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける
下の句→ひとめもくさも かれぬとおもへば
(8)わがいほは みやこのたつみ しかぞすむ
下の句→よをうぢやまと ひとはいふなり
(92)わがそでは しほひにみえぬ おきのいしの
下の句→ひとこそしらね かわくまもなし
(38)わすらるる みをばおもはず ちかひてし
下の句→ひとのいのちの をしくもあるかな
(54)わすれじの ゆくすゑまでは かたければ
下の句→けふをかぎりの いのちともがな

四字決まりの句一覧

上の句を4字聞くだけで、下の句を決めることができる札が6枚あります。

四字決まり (6句)

(29)こころあてに をらばやをらむ はつしもの
下の句→おきまどはせる しらぎくのはな
(68)こころにも あらでうきよに ながらへば
下の句→こひしかるべき よはのつきかな
(75)ちぎりおきし させもがつゆを いのちにて
下の句→あはれことしの あきもいぬめり
(42)ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ
下の句→すゑのまつやま なみこさじとは
(88)なにはえの あしのかりねの ひとよゆゑ
下の句→みをつくしてや こひわたるべき
(19)なにはがた みじかきあしの ふしのまも
下の句→あはでこのよを すぐしてよとや

五字決まりの句一覧

上の句を5字聞くだけで、下の句を決めることができる札が2枚あります。

五字決まり (2句)

(93)よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ
下の句→あまのをぶねの つなでかなしも
(83)よのなかよ みちこそなけれ おもひいる
下の句→やまのおくにも しかぞなくなる

六字決まりの句一覧

上の句を6字聞くだけで、下の句を決めることができる札が6枚あります。

六字決まり (6句)

(31)あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに
下の句→よしののさとに ふれるしらゆき
(64)あさぼらけ うぢのかはぎり たえだえに
下の句→あらはれわたる せぜのあじろぎ
(15)きみがため はるののにいでて わかなつむ
下の句→わがころもでに ゆきはふりつつ
(50)きみがため をしからざりし いのちさへ
下の句→ながくもがなと おもひけるかな
(76)わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの
下の句→くもゐにまがふ おきつしらなみ
(11)わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと
下の句→ひとにはつげよ あまのつりぶね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク