ジューンブライドの離婚率が高い?日本の式場の都合か、元は女神伝説

6月は女性を守る女神の月

幸せな結婚はみんなの願い

6月の花嫁は幸せになれる、と言われてきました。ジューンは英語で6月、ブライドは花嫁の意味です。

ブライダル、という言葉は結婚式を表していて、日本でも当たり前のように使いますね。ちなみにウェディングというのも結婚式ですね。

さて、ジューンブライドの伝説は、ヨーロッパから伝わったもので、幸せな結婚に対する、ジンクスのような物です。

今では6月に結婚式を挙げると、生涯にわたって幸せな結婚生活を送ることができると言われているそうです。

そんなジューンブライド、一体どんなふうにして広まっていったんでしょうか。

6月の名前の由来と結びつく説

6月を守る女神の伝説

この説は、とってもわかりやすいのですが、あくまでも伝説に由来するので、どこまで信じるかは人それぞれだと思います。

それは、ローマ神話の女神ユノに由来するというものです。ギリシア神話では主神ゼウスの正妻・女神ヘラと呼ばれています。

英語ではゼウスはユピテル、ヘラはユノとなります。このヘラは結婚・出産をつかさどり、女性と家庭、子どもを守る女神だったんですね。

ユノはアルファベットでJunoと書きます。このことから、ユノが6月の英語名ジューンの由来になっていることが分かるわけです。

さらに6月に結婚すると幸せな結婚生活を送ることができると言う理由は、結婚の女神ユノが6月を守護しているということからきているそうです。

ヨーロッパでは天気のいい月

日本の梅雨とは違う気候

日本の6月のイメージは実は、日本独特のものなんだそうです。ヨーロッパでは、梅雨はなく、1年でもっとも雨が少なくて、天候のいい月なんです。

この爽やかな6月はヨーロッパでは若者の季節と呼ばれます。そして、過ごしやすくイベントにも最適のシーズンなんですね。

このように、天気にも恵まれ多くの人に祝福してもらえるということから、6月に結婚式を挙げると幸せな結婚生活につながっていくというイメージが定着していったわけです。

日本でのジューンブライド

梅雨もあるし、伝説もない

さて、日本でジューンブライドを持ち上げる理由はどこにあったのでしょうか。実は、商業的な目的があったという話なんですね。

時期的には1967年~68年ごろ、ホテル業界やブライダル業界が結婚式での売り上げ向上を狙い、ジューンブライドに照準を合わせたのが始まりだそうです。

日本の6月は梅雨の時期です。雨が多く多湿なことに加え、当時の婚礼を挙げる施設では空調設備などが整っていなかったので、挙式をする人が少なかったんですね。

そこで、少しでも式を挙げる人を増やそうと、ブライダル業界が6月にも挙式する人をジューンブライドとして、広めていったわけです。

はじめのころは、やはり梅雨と言うことで効果が上がらなかったそうですが、最近はジューンブライドも定着してきて、広まってきているそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする