ハムとベーコンの違いとは?生まれた歴史と作り方、使われる肉の部位

ハムが作られる方法

保存食だったハム

ハムやベーコンの作られ方って、気にした人あまりいないのかなと思います。気にせずに、毎日いろんな場面で口にしていますね。

朝食からお酒のおつまみ、サラダ、パスタの材料まで、気を遣わずにガンガン使っているんじゃないでしょうか。

では、あのハムとベーコン、どんな材料で、どんなふうに作られているのでしょう。その違いまでわかる人、すごいと思います。

とりあえず、ハムもベーコンも、もともとは保存食でした。材料は塩漬けした豚肉だったと言うことは誰でもわかることですね。

肉を保存するために生まれた

塩も燻製も保存のため

ハムは英語で、豚の骨付きもも肉という意味だそうです。遺跡から見つかった豚の骨から、古くは紀元前5000年頃には豚が家畜として飼育されていたといわれています。

では、なぜ、ハムやソーセージ、ベーコンが作られるようになったのでしょうか。

5000年前にはメソポタミヤで豚の腸に肉を詰めてソーセージらしき物が作られていたといわれています。

その頃は、まだ農耕も牧畜も未発達でした。そのために、飢えを防ぐために獲物を岩塩で塩漬けにしたり、燻製にする方法を知ったのでしょう。

現在は、食生活を彩るものになっているハムやソーセージ、ベーコンですが、あくまでも保存のための食肉加工が始まりだったのは間違いありません。

ハムの種類

使われる肉の部位の違い

ハムには、ふつうロースハムとボンレスハムがありますね。あの違いは豚の肉の違いです。

もともと、ハムと言えば、豚のもも肉のことです。それは、太ももの筋肉をハムストリングといいますね。

ところが、ロースハムは、豚のロース肉という背中の肉を使っています。これは、本来のハムとは違うことになりそうです。

では、ボンレスハムは何かと言えば、これは元々のもも肉のハムのことを言います。ヨーロッパではボンレスハムとは言わないそうです。

ロースハムはボンレスハムより脂肪分が多いそうです。そのためエネルギー量が多くなっています。

ボンレスハムはロースハムより赤身が多いので、エネルギー量が少なく、また、ビタミンB2を多く含んでいるそうです。

ベーコンとは

脂肪分が多いベーコン

ベーコンは豚のバラ肉を塩漬けにして、熟成させます。その後低温で燻製したものです。バラ肉を使っているので、脂肪分が多くなっていて、味も濃厚なんですね。

ベーコンには肩肉を使ったショルダーベーコン、ロース肉を使ったカナディアンベーコンなどもあって、どれもとってもおいしいものです。

日本ではベーコンは薄切りで売っていますが、アメリカでは厚めに切って焼いたりするそうです。これは濃厚な旨味がたまらない一品だとか。

健康のことを顧みずに食べてしまいそうでちょっと、考え物かなと思います。

イタリアでベーコンといえばパンチェッタです。塩漬けした豚ばら肉を乾燥・熟成したものなんですね。カルボナーラも、このパンチェッタで作るそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする