料亭のおせち料理は通販でお取り寄せ、キャラクターおせちも人気

お取り寄せで手軽で美味しいおせちが当たり前に

料亭のおせちなら、みんなが納得

デパートのおせちはほぼ間違いなく人気がありますよ。それと、料亭おせちが通販ならではで買えますから。

お取り寄せのおせちも、至れり尽くせりですね。細かい家族人数の設定に合わせているし、いろいろなパターンの組み合わせを用意してくれています。

味はほぼ間違いないくらいおいしいみたいです。一人用もあったりします。子どもが喜ぶキャラクターのおせちや洋風、中華風と言ったアレンジものもたくさん出ていますね。

通販おせちのメリットデメリット

メリット

メリットとしては、まず、買いに行く手間と労力がいりません。そして、遠方の地域の限定品も入手が可能です。まあ、料亭の名前なども入っていて、特別感を感じられるのもメリットでしょうか。

デメリット

デメリットとしては、手元に届いたものが写真のイメージが違ったというもの。これは、確かに、感じるかも知れません。逆においしそうに移さないと売れませんから。

さらに、返品や交換をするとなるととても時間がかかります。これは、販売元と連絡を取るのに時間がかかることもあります。

冷凍おせちと冷蔵おせち

冷凍おせちの場合

冷凍おせちのメリット

最近の冷凍技術は以前に比べてすさまじく進歩しています。冷凍保存で1ヶ月から2ヶ月の保存が可能です。

生では、日持ちを良くするためにおせちの味付けが濃くなりがちです。しかし、冷凍なら薄味での提供も可能になります。

また、プロの料理人がこだわって盛り付けた状態で冷凍されているので、盛りつけの不安がありません。

冷凍おせちのデメリット

急速冷凍の技術が進歩したとは言え、作り立ての冷蔵おせちに比べると多少風味が落ちることもあります。

冷蔵おせちの場合

冷蔵おせちは、冷凍せずに生の状態で届くおせちです。冷蔵おせちも鮮度を維持する工夫がなされています。

鮮度の維持のために保存料や防腐剤を使っていることもしばしばあります。また、真空パックを使って鮮度を維持している商品もあります。

冷蔵おせちのメリット

風味が高く、作ったままの状態で食べられます。

冷蔵おせちのデメリット

賞味期限に注意が必要になります。真空パックの場合は、盛り付けする必要があります。実際にお重に盛り付けてみたら隙間ができてしまった、ということもあります。

通販ではクチコミを活用!

値段と素材をチェック

中国産原料や人工保存料、合成着色料なしの安全なおせちかどうかをチェックしましょう。

産地に不安があるような店では注文できません。そういったことを確認する上でも、クチコミは結構役に立ちます。

おせち料理の由来

始まりは弥生時代から

おせち料理の起源を遡ると、弥生時代まで達します。それは、稲作が縄文時代の終わりに中国から日本に伝来して、弥生時代にかけて広まったことで、農耕中心の社会へと変わります。

それと同時に、中国から暦ももたらされ、節ごとに収穫を神様に感謝して、節供といわれるお供え物をする風習が生まれたといわれています。

おせち料理としての形が定着するのは、奈良時代の朝廷における宮中行事で行われた宴料理です。

宮中では一年の暦で節目に当たる節日という日に宴会をもち、節会=せちえといっていたそうです。

この節会は、1月1日の元日、1月7日の白馬=あおうま、1月16日の踏歌=とうか、5月5日の端午=たんご、11月の豊明=とよのあかりとされていたものです。

これらはまとめて五節会といわれていますが、この時に振る舞われた料理が「御節供=おせちく」といわれて、ここから現代の御節=おせち)へと変わっていったといわれています。

五節供が祝日になった江戸時代

おせちがお正月の定番に

江戸時代に、五節句は祝日として定められました。

人日の節句

1月7日

上巳の節句

3月3日

端午の節句

5月5日

七夕の節句

7月7日

重陽の節句

9月9日

「御節供」が民間行事として広まったことで、1年に5回ある節句で豪華な料理がふるまわれるようになっていったわけです。

このうち、新年を迎える最も重要な人日の節句の料理が、正月料理として定着していきます。

江戸時代後期になると、現代のように料理一つひとつに意味が込められて、新年を祝うために食べるものになっていったといわれています。

戦後、おせち料理という呼び名が広く使われるようになります。

おせち料理の種類

料理の意味といわれ

黒豆

邪気を払い、勤勉に働くことや健康で丈夫に過ごせることを願います。

数の子

ニシンの卵である数の子は数が多いことから子孫繁栄を願います。

田作り

片口イワシを撒いて豊作となった田畑があったことから、五穀豊穣を願います。

紅白かまぼこ

半月かまぼこは日の出を表す。赤は慶び、白は神聖の意味を持っています。

昆布巻

「喜ぶ」にかけて縁起をかつぎ、健康長寿を願います。

伊達巻

しゃれた身なりの伊達者にカステラかまぼこが似ていたことに由来。書が巻物にされていたことから、知識が増えることを願います。

栗きんとん

黄金色をしていることから財宝にたとえられ、金運を呼ぶといわれます。

煮しめ

土の中で根を張る根菜が中心で、末永い幸せを願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク