コーヒーのカフェインの量、カフェインレスやノンカフェイン、デカフェ

コーヒーを飲むときに、カフェインの量がちょっと心配に

カフェインなしでもおいしい

「カフェインレス」や「デカフェ」とは、カフェインの含有量が少ない飲み物のことを言いますが、言葉の意味は少し違います。

また、カフェインの含有量について日本では明確な基準はないそうですが、EUでは0.1%と一定の基準未満と定められているようです。

言葉の意味

デカフェ

もともとカフェインが入っていたものからカフェインを抜いて、カフェインを含まなくなったものです。カフェインの含有量は0ではなく、わずかに含まれています。

カフェインレス

カフェインは少ないけれど、わずかに含まれている飲み物のことです。デカフェによってカフェインを抽出して、カフェイン含有率を0.1%まで下げてもかまいません。

ノンカフェイン

カフェインが全く含まれていない飲み物のことです。

カフェインフリー

ノンカフェインと同様、カフェインを含まない飲み物です。言い方が違うだけです。

日本では欧州よりもカフェインレスの飲み物が浸透していないので、明確な基準がないようです。

したがって、カフェインレスと書いてあるよりも「カフェイン99%カット」のように、数値で記載したほうがわかりやすいようです。

コーヒーでカフェインを除去するには

進歩してきた方法

カフェインレスコーヒーを作るときは、コーヒー豆の状態でカフェインを除去することになります。

その方法は、幾通りかありますが、進歩してきて、最近はとてもうまく除去できて、味などの品質も落ちない超臨界二酸化炭素抽出法が主流です。

他にも、水や有機溶剤に浸してカフェインを除去する方法がありますが、日本ではあまり使われていません。

超臨界二酸化炭素抽出

二酸化炭素でカフェインを抽出するというものです。比較的新しい方法で、効率的に抽出除去できて、他の成分を壊さないので、最近はこの方法がほとんどだそうです。

有機溶媒抽出

カフェインレスコーヒーが始めに出回ったころの方法です。生コーヒー豆を有機溶媒に浸し、カフェインを溶かし出します。

水抽出

生コーヒー豆を水に浸してカフェインを抽出します。カフェイン以外の成分が含まれた水に浸して、カフェインのみを抽出します。

カフェインの1日の摂取基準

明確な基準がない日本

実は、海外では1日のカフェインの摂取量に基準があるそうです。オーストラリアやニュージーランドでは210mg、フィンランドでは125mg。カナダでは400mgだそうです。

カフェインは体内で分解時間がかかるので、1日で分解できる量は500mg程度だそうです。

各飲料に含まれるカフェイン

150mlあたりのカフェイン含有量
・玉露 180mg
・コーヒー 100mg
・ココア 50mg
・紅茶 30mg
・緑茶 30mg
・ウーロン茶 30mg

缶コーヒー1本190mlの中にはだいたい100~150mgが含まれているそうです。

カフェインのメリット、デメリット

カフェインレスコーヒーはメリットが多い

カフェインのメリット

・眠気の解消
・集中力や記憶力がアップ
・リフレッシュ&リラックス効果
・リパーゼ(脂肪燃焼酵素)活性化
・脳卒中のリスク減少

カフェインのデメリット

・血管の収縮作用で偏頭痛
・長期的に飲むことで胃腸や内臓が弱くなる
・自律神経が乱れて肩こりや気分障害になる
・尿と一緒にカルシウムが流れ出る
・鉄分の吸収を妨げる
・不眠症の原因になる

カフェインのデメリットがないカフェインレスコーヒーが向いているのは、次のようなときです。

夜寝る前のコーヒー

覚醒作用があるカフェイン含有量が少なく、就寝前でもコーヒーが楽しめます。

妊娠・授乳期も安心

コーヒーはやめられないけどカフェインは気になるという人に向いています。

カフェインが摂りすぎだと思う人

気になる人は、普段飲んでいるコーヒーをカフェインレスに切り替えてみるといいでしょう。

カフェインとは

人によって違うカフェインの影響力

カフェインは、コーヒーやお茶に含まれている化学物質のひとつです。チョコレートにも含まれています。

代表的なはたらきとしては、
・眠くならない
・利尿作用がある
といった2つが代表的なものとして挙げられます。他にも、結構大きな影響を及ぼすはたらきがあります。
・運動の能力をアップさせる
・体脂肪を燃やす
・カルシウムの放出をうながす
といった、さまざまなはたらきがあるんです。

そのような、カフェインを体内に入れたときに、解毒して、排泄する速さには、、10倍以上個人差があるそうです。

したがって、夕食後にコーヒーやお茶を飲んだあとも熟睡できる人もいれば、代謝が遅いために0時過ぎまで眠れなくなる人もいるわけです。

カフェインは1820年にドイツの科学者ルンゲが分離に成功しました。1897年にはその分子構造もわかりました。

しかし、近年は合成ではなく、カフェインレスのためのデカフェの過程の副産物として大量に作られてます。

カフェインが多く含まれるもの

知ることで自分で調整できる

いろいろな食物や診療にはカフェインが含まれていることがとても多いのです。そのカフェインの含有量はどのくらいでしょう。

カフェインをとり過ぎないようにするためにも、何にどれくらいのカフェインが入っているか自分で調べて知ることが大切なんです。

例えば、ふだんよく飲むものならコーヒーですが、ドリップしたものでカップいっぱいでおよそ135mg入っているそうです。

紅茶の場合も30~100mgは入っているそうです。他にもコーラには18mgということで、やはりコーヒーが多いみたいです。

カフェインの効果

代表的なのは眠気をおさえてくれること

カフェインの効果を大きく分けると、だいたい6つになるそうです。

1.覚醒作用

一番有名なものです。人が眠くなるのは、アデノシンという物質の働きが関わっているので、睡眠物質とも言われます。カフェインには、このアデノシンの働きを抑えます。

2.解熱鎮痛作用

カフェインは、血管を収縮させる効果があります。それによって、頭痛の中でも脳の血管の拡張が原因で起こるものには鎮痛効果が期待できます。

3.強心作用

カフェインの摂取によって中枢神経が刺激を受けるので、心筋の収縮力が強化されるそうです。これを強心作用と言います。

4.利尿作用

尿が多く出る作用が利尿作用です。尿は腎臓で作られますが、カフェインによって交感神経が優位になり、腎臓の血管が拡張されるので、腎臓への血量が増加するためです。

5.脂肪の分解効果

カフェインには、リパーゼを活性化させます。リパーゼは脂肪の代謝を活性化するので、カフェインによって脂肪の分解効果が上がることが期待できます。

6.抗酸化作用

カフェインには、抗酸化作用があるので、肌のメラニンの生成が抑えられるそうです。それによって、シミの原因をおさえてくれるわけです。

カフェインの副作用

気をつけないと、後悔することに

カフェインには、さまざまな効果がありますが、これは薬としても使われています。その効果の大きさから、副作用もあるといわれています。

・不眠の原因になる
・手が震える
・胃が荒れる
・肌が荒れる

さらに、取り過ぎによって、中毒になる場合もあるそうです。

・不安感
・神経過敏
・不規則な心拍
・身震い
・精神運動性の興奮

といったことまで起こるときは、中毒の可能性があるわけです。最悪の場合、死にいたることもあるそうです。

カフェインは、薬物としての怖さも秘めています。したがって、依存によって恐ろしいことが起こるのです。

依存症に陥ると、それをとり続けないと不安になります。それをやめると起こるのが禁断症状です。

・眠気が止まらない
・集中力の欠如
・倦怠感
・労働意欲の喪失
・満足感が減退
・社交性の低下
・流感に似た身体症状

最後に日本人が大好きなアイスコーヒーについて

アイスコーヒーを楽しむ日本人

アメリカでは、夏になると、基本的にアイスティーを好んで飲むそうです。日本でアイスティーよりも、夏の定番の麦茶が存在するからかもしれません。

アイスコーヒーは日本で、見事に定着した飲み物かも知れません。高温多湿の日本の夏にぴったりのちょっと贅沢なドリンクとして、認知いるようです。

おいしいアイスコーヒーは、香りも高く程よい酸味とコクのバランスが絶妙です。これは、普通のコーヒーを冷やすのではなく、深煎りの豆から濃いめに入れたコーヒーを氷に注いで一気に冷やします。

アイスコーヒーが日本で始まった?

アイスコーヒーの由来は?

アイスコーヒーの発祥に関しては様々な説があるようです。ここで、アイスコーヒー発祥のルーツとして、かなり有力なものがマサグランというアルジェリアの飲み物です。

マサグランは、コーヒーを氷で冷やして、そこに砂糖やリキュールを入れたアルコール飲料なんです。

1800年代に、アルジェリアで植民地支配をしていたフランス人が飲んていたと文献に残っていたので、これがアイスコーヒー発祥の有力な説です。

日本におけるアイスコーヒーは、大正時代にさかのぼります。当時の喫茶店のメニューとして、氷コーヒーと書いてあったことがわかっています。

日本で広まっていたアイスコーヒーは、瓶にコーヒーを詰めて、井戸水や氷で冷やすというったものでした。

氷によってコーヒーが薄句なるのを嫌ったようです。この方式のアイスコーヒーは、日本が発祥といわれています。

アイスコーヒー用の豆

氷を入れてもおいしい

アイスコーヒーにつかうのなら、コーヒー豆は深煎りのものが最適です。ドリップでいれても、おいしく飲めるからです。

深煎りの豆を中挽きで多めに入れます。お湯は少なめにして、氷をたっぷり入れて、一気に冷やします。

氷が溶けて薄くなることを考えて、初めから濃いコーヒーを抽出するわけです。大きめのグラスに氷をたっぷり入れて、濃いめのコーヒーを注ぎます。

アイスコーヒーのおいしい入れ方

手軽に本格的な味を楽しめます

<手順>

1.ペーパーフィルターをセットして、深煎りの中挽きコーヒー粉を人数分ドリッパーに入れます。

2.粉の量は、1人分メジャースプーン1杯(10g)、お湯の量は作りたい杯数の1/2を用意します。

3.沸騰後1~2分置いたお湯(90℃前後)を円を描くよう、粉全体に行きわたる程度に注ぎ、20秒前後蒸らします。

4.粉がふくらんだら、数回に分けて、円を描くようお湯を注ぎます。

5.サーバーに氷を入れて、一気に冷やします。

6.グラスに注いで完成です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク