仙台七夕まつりの由来、日程と場所、飾りの特徴、田の神を迎える行事

仙台七夕まつり

田の神を迎える行事

七夕祭の行事の由来は、中国の乞巧奠=きっこうでんという星祭りからきています。ようするに、織り姫と牽牛の物語ですね。

仙台で七夕祭が催されるようになったのは伊達政宗の時代だといわれています。そして、その中身は、中国の七夕とは趣を変えて、日本固有の信仰に結びつきました。

「仙台七夕まつり」は田の神を迎える行事なんですね。これは、先代を襲った冷害の歴史が深く影響しているそうです。

東北地方では、昔から周期的に例外に襲われてきました。天明3年には25万人、天保7年は30万人の死者を出したという、悲惨な歴史があるのです。

それを乗り越えたいと、豊作を田の神に祈ったことが、仙台で七夕まつりが盛んになったと言われています。

仙台独特の7月6日の七夕

もとは旧暦の7月7日

七夕まつりそのものは、本来、旧暦の7月7日の行事です。仙台もその例外ではなかったと言われています。

七夕の祭りが7月7日に行われて、8日の朝に竹に飾り物をつけたまま、川に流していたそうです。

しかし、仙台藩主第7代伊達重村の時から、1日繰上げて、旧暦の7月6日の晩に飾って、7日の朝に流すというふうに変わったようなんですね。

それは、伊達重村の娘が亡くなったことで、7日の節句のお祝いをしなかったのです。そこで、前日に七夕の行事をした、という由来があるそうです。

結局、6日の夕方から、笹竹を飾って姫星と彦星を祭り、手習や手芸の上達を願うとともに、農家では田の神の乗馬として藁などで七夕馬をつくって豊作を祈ったのです。

仙台では、七夕の笹のついた竹の小枝を落として物干竿に使用しました。小枝は七夕飾りとともに7日朝に広瀬川に流し、水を浴び、洗い物をしたそうです。

この日を七日浴とも七日盆ともいいました。七夕は、「みそぎ」をして盆祭に入る準備をする日だったわけです。

衰退していった七夕まつり

昭和になって復活したまつり

明治維新になると、七夕まつりは、全国的に衰退していきます。明治6年に新暦が採用されると、いよいよ行われなくなっていったそうです。

そんな中、昭和2年に不景気を吹き飛ばそうと、商家の有志達が集まって、仙台商人の心意気とばかりに、華やかな七夕飾りを復活させたそうです。

町内一斉に七夕の飾りつけをして、久しぶりにその光景を目にした仙台の人たちは大喜びで、飾りを一目見ようとする人が町中にあふれたといわれています。

昭和3年には、旧暦行事だったものを、新暦の月遅れの8月6日、7日、8日の3日間に行うようにしました。

さらに、東北産業博覧会の行事として、さらに仙台七夕をアピールしようと「飾りつけコンクール」が催されたそうです。

8月6日の夕方から一斉に飾りつけをしました。そして、3日2夜にわたる七夕が復活したのです。

様々な趣向を凝らした七夕飾りで、街はお祭りムード一色になります。この年は仙台七夕の完全に復活の記念すべき年といわれています。

しかし、残念ながら、勃発した戦争で七夕飾りは街から消えていったのです。次の復活までは、終戦を待たなければなりませんでした。

終戦後、復活したまつり

10年ぶりの七夕祭り

終戦の次の年、昭和21年に、一番町通りの焼跡に52本の七夕の竹飾りが立てられたのです。

当時の新聞には「10年ぶりの”七夕祭り”涙の出るほど懐かしい」の見出しで大々的に報じられたのです。

さらに、昭和天皇が巡幸された昭和22年のまつりでは、沿道に5000本の竹飾りが七色のアーチをつくりました。それをきっかけに、七夕隆盛へと向かいます。

その後、仙台の七夕まつりは、観光イベントへと変貌していき、飾りだけでなく、ステージイベントやおまつり広場まで拡大しました。

今や、七夕まつりとしては、名実ともに日本一のスケールを誇るようになり、毎年全国から多くの観光客が訪れるようになりました。

仙台七夕は、豪華な飾り付けが目立ちますが、伝統の七つ飾りはどの竹飾りにも下げられています。

さらに、本物の和紙で作られる手作りの七夕飾りなどが、400年続く仙台七夕の伝統を現代にも伝えているのですね。

そして、仙台七夕まつりは新しい試みを加えながら、仙台の誇れる文化として、次世代へと継承されていくのです。

七夕はそうめんの日

七夕に食べる行事食はそうめん

地域によっては、そんなに定着していないかもしれませんが、実は、7月7日は七夕であるとともに、「そうめんの日」なんです。

どうして七夕にそうめんを食べるようになったのか、その由来を調べると、結構歴史があるみたいです。

ただ、そうめん業界としては、そんな由来よりも、いかにして、そうめんを広く食べてもらえるかだと思います。

さあ、7月7日、七夕は「そうめんの日」というわけで、おいしくそうめんをいただきましょう。

七夕のお供え物としての「そうめん」

平安の昔から続く伝統食?

じつは、日本でそうめんを七夕のときのお供え物に使うようになったのは、はるか平安時代にさかのぼるそうです。

そうめんが使われていたという記述は、醍醐天皇時代に行われていた宮中の儀式や作法についてまとめられた「延喜式」の中にもあります。

じつは、今のそうめんのような油を使って手延べにしたものはまだ生まれていなかったのです。

その当時食べられていたのは、索餅=さくべいという、中国から伝来した麺料理で、小麦粉と米粉を混ぜて作った麺だったのではないかと考えられています。

また、その形状も不明で、うどんよりも太い麺だったという説もあります。この麺を醤=ひしおや酢につけて食べたわけです。

そういった宮内行事が一般にも広がり、七夕に索餅を食べる風習が広まっていったのではないかと考えられています。

さらに、時代を経ると、索餅がそうめんに変わっていって、現代まで風習として残されてきたわけです。

中国の故事に見られる索餅

病気の平癒を願う風習

索餅という食べ物は中国から伝来してきたものといわれています。この索餅には「索餅を供えると流行病にかからない」という言い伝えがあるそうです。

むかし、子供が7月7日に亡くなり、その子供が鬼となって、町にマラリア性の熱病を流行させてしまったのです。

これに困った人々は、子供の好物であった索餅を供えました。すると、鬼の祟りは静まり、再び平穏な日々が訪れたそうです。

それ以来、毎年7月7日になると、病気が流行らないようにという願いを込めて、索餅が供えられるようになったというわけです。

色付きそうめんの意味

五色の短冊は厄除け

そうめんにを作ったら、中にピンクや緑と言った色付きのそうめんが入っています。あれには、きちんとした理由があるのです。

七夕の歌「たなばたさま」を歌ってみると、「五色の短冊、わたしが書いた・・・」の五色の短冊は、じつは、厄除けの意味が込められているそうです。

そして、あの色つきそうめんも同じような意味合いで入っていて、「厄除け」の役割を担っているというわけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク