初詣とは?参拝の時間と日にち、いつからいつまでに行くのが正解か

最近の流れでは7日までが主流

時代とともに変わってきた初詣

とりあえず、最新の説は、年が明けて初めての参拝が、初詣ということらしいです。神社の方も、特にいつまでと言うことは決めていないのが実情のようです。

三が日に行くのを初詣だと考えるのが少し前までの考え方でした。最近は節分までの約1ヶ月間を初詣の時期として考えるようになってきているみたいです。

初詣は風習としての行事

あくまで一年の最初という立ち位置

初詣自体は、宗教的に定められた行事ではないそうです。一説には、明治以降の鉄道会社の宣伝が広まって、習慣になっていったといいます。

実際、神社の方に伺っても、初詣の考え方自体、人それぞれのものであって、そうしなければいけないということはないということでした。

ということは、それを自分にとって、いいものととらえているのなら、日にちにこだわるよりも行くことそのものに重点を置くべきですね。

初詣は大イベントとして地域活性化に

もし、初詣がなかったら

正月三が日の、短期イベントではありますが、地域によっては、大きな年中行事になっている場合もあります。

鉄道会社によっては、その輸送のもたらす収益がかなりのもの、という場合もあるそうです。

神社やお寺で店を出している人なども初詣は大きな収入を得るときでしょう。これがなくなるとやはり困ったことになるわけです。

日本人の精神にうまく合った初詣

時代とともに変わりつつ、続く行事

元々の意味が、そのまま受け継がれているわけではありません。今の時代に合わせて、様々に人たちが工夫を重ねて続けているのが初詣と言うことになるのでしょう。

お正月そのものが、神道の儀式だそうです。各家庭で歳神様に鏡もちをお備えして、門松をたててお迎えします。そして、おせち料理を作ってその年の豊作や家内安全などを祈ってきたわけです。

おせち料理を食べてから、歳神様のいる方角にある神社や寺院にお参りするのが恵方参りという行事です。これが初詣になったという説もあります。

また、氏子である家長たちが、神社にこもって大晦日から元旦にかけて豊作や家内安全を祈願する行事があって、それが、大晦日から元旦にかけてお参りする習慣になったという説もあります。

今も多くの人が行う参り方ですが、大晦日から元旦にかけてお参りすることを二年参りとも言うそうです。除夜の鐘は、もともと、仏教行事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする