甘味料の種類、気になる副作用の危険、糖アルコールなら比較的安心

甘味料がもたらす甘みの新しい世界

人口甘味料の歴史

甘さ”は人間が食事を楽しむためにとても大切なものです。とくに砂糖は、私たちの味覚を即座に刺激し、よい気分で満たしてくれ、後味を残さずにだんだん消えていきます。

それを模倣するために、さまざまな人工甘味料が作られているわけですが、実は砂糖のマネをするのは本当に難しいのです。

新しい味の世界を作り出した、さまざまな甘味料の歴史や特徴、健康に及ぼす影響はどうなっているのでしょう。

◼︎人口甘味料とは

人工甘味料には2つの種類があり「合成甘味料」と「糖アルコール」の2つにわかれます。

合成甘味料

化学的に合成した,甘味をもつ化合物で、ズルチン,サイクラミン酸塩 (チクロ) ,サッカリンなど,砂糖の代用として、安価な甘味料です。

主に、ジュース,缶詰,菓子などに広く使用されていますが、一方でほその毒性が問題となっています。

日本では 1968年7月,ズルチンの使用が全面禁止となり,チクロも翌年 11月使用禁止となりました。サッカリン,サッカリンナトリウム,グリチルリチン酸二ナトリウムも使用が制限されています。

現在、使用を許可されているのはD-キシロース,D-ソルビット,アスパルテームの3種だけになります。

糖アルコール

これは自然にある成分に人の手を加えて新しく作り出したものです。

一般的に糖アルコールは自然の成分から作られているので安全性が高いと言われておりますが、逆に合成甘味料はすべてが人工的に作っている為、危険性の指摘をされています。

人口甘味料の危険性は?

どんな副作用が考えられるのか?

最近、よくジュースやゴム、お菓子などでゼロカロリーと表記している商品が多くあります。それらの商品のほとんどはこの人口甘味料を使用している訳ですがこれらを摂取する事で体にはどの様な副作用があるのでしょうか?

【副作用として疑われるもの】

・内臓の異常(肝臓、心臓、胃、副腎、などの肥大)
・️骨格異常
・️体重の減少
・️アレルギー、アトピー
・️ポリープの発生
・️目の奇形
・️脳障害児(妊婦さんが摂取すると生まれる)
・️知能低下
・️自殺傾向

人口甘味料を摂取する事でこういった症状が出てきます。

私達が日頃の何気なく飲んだり食べたりしているものがこんなにも体に害があるものとは驚きです。

ダイエットしたいけど副作用が怖い

おすすめの甘味料

最近では健康ブームで体の事を考える人が増えてきています。ダイエットしていてもたまには甘い物も食べたくなります。

では、安全でダイエットにも良い人口甘味料を紹介しましょう。

◎エリスリトール(糖質系/糖アルコール)

血糖値に影響を与えず、食後のインスリン放出も抑えられるため、糖尿病の方も安心して使えます。砂糖の代用にすれば、糖質制限が出来るので、ダイエットにも効果的。

◎ラカンカ

カロリーはほどゼロのラカンカ!甘味成分であるテンペングルコシド配糖体は水溶性の食物繊維なので、腸で吸収されずに排出されてしまいます。

甘味は私たちのエネルギーの元となります。合成甘味料は副作用もあり危険だと言われています。となると、ダイエットや体のためには糖アルコールの方がおすすめです。

もともと自然由来で出来ているため、安全性は高く、安心して利用できる甘味料です。人工甘味料と上手に付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク