ダイエットでの糖質制限のやり方は?

糖質を取らないだけでは失敗する

その先を見越して、食事の改善

糖質制限ダイエットは、食事改善によって、体重を落とそうとするものです。要するに、肥満の原因となる、糖質(炭水化物や糖類)の摂取を押さえるわけですが、食事だけでは成功しません。

糖質制限ダイエットは、基本的に摂取カロリーの制限はそんなに必要でなく、糖質のみ摂取量を制限します。それによって血糖値をコントロールするのがねらいです。

やり方さえ間違えなければ、大きな効果が期待できますが、効果が大きいダイエットほど、誤った方法で進めると、反動も大きくリバウンドしやすいといわれます。

間違った方法をしてはいけない

糖質が何かよくわかっていない

米やパンなどの炭水化物、甘いお菓子、ケーキなどは糖質が入っているということが分かりやすいですね。しかし、糖質が多く含まれているのに、気づかず食べているものがあるのです。

練り物や魚肉ソーセージ

つなぎに小麦粉や片栗粉、でんぷんなどが使われています。けっこうその分糖質が高いのです。

春雨

ジャガイモ、サツマイモなどのでんぷんが原料です。当然、糖質は高いですね。

野菜

かぼちゃやたまねぎ、れんこん、ごぼう、にんじんなどには糖質が高いものが多いのです。

ハンバーグ

たまねぎやつなぎのパン粉、ソースなどに糖質が多く含まれています。

揚げ物

これは、衣に小麦粉や片栗粉、パン粉を使っているので、糖質が高いのです。

基礎代謝の低下

ダイエットは、基礎代謝の維持・向上は基本中の基本なんです。ところが、ここに落とし穴があります。糖質制限ダイエットは体を動かす糖質が不足することになります。すると、筋肉の中にあるタンパク質を分解してエネルギーに変えてしまうんです。

これによって、筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝が低下してしまいます。すると、太りやすく痩せにくい体質になってしまって、リバウンドして太ってしまうのです。

添加物の害

人工甘味料が入ったものを選ぶ場合が多くなりますが、そういった人工甘味料は血糖値を上昇させてしまい、味覚が鈍って、濃い味しかわからなくなります。そして、結果的には太ってしまいます。

さらに、濃い味しか分からなくなると、塩分の摂取が多くなるのです。そうなると、調味料から糖質を多く摂取してしまう可能性が増えます。

また、食品添加物を摂取すると、身体に不必要な添加物が多く入ります。それを分解するために消化酵素が無駄に使われるんですね。その結果、細胞が老化して太りやすく痩せにくくなるというわけです。

糖質制限に適した食品を知る

低糖質の食品とは?

低糖質の食品にはどのようなものがあるのか、知っておきましょう。

・肉類:ロース、ヒレ、ムネ、モモなど
・魚類:あじ、しらす、まぐろ、あさりなど
・乳製品:チーズ
・野菜類:キャベツ、レタス、白菜、きゅうりなど

糖質制限のおやつとは?

糖質制限ダイエットを行うと、おやつが選びにくく、ストレスが溜まります。そこで糖質制限でも食べられるおやつを探すことも重要です。

・ヨーグルト:無糖ヨーグルト
・ソイジョイのピーナッツ味など
・カロリーコントロールアイス
・サラミ、あたりめ、イワシチップス、チー鱈など

ライザップを見本にしよう

本格的な糖質制限ダイエットから学ぶ

ライザップの食事指導は、糖質制限ダイエットが基本になっています。もちろん、トレーニング等の運動も重要です。

三大栄養素はどんな割合で取るか

・糖質(炭水化物):摂取しません
・タンパク質:積極的に摂取します
・脂質:控えます

食べて良い食材

鶏ササミ、皮無しの鶏ムネ肉、脂身をカットした豚ヒレ肉、マグロ、カツオ、タラ、エビなどの脂質の少ないもの

食べてはダメな食材

ご飯、モチ、パン、麺類、ジャガイモ、サツマイモなどの糖質が多いもの

食事の量のコントロール

食事の量について、3食の順番が決められているんです。食事を多く摂取して良い順に、昼>朝>夜の順になっています。

食事の量は、昼をメインにします。朝と夜は少な目にするのだそうです。夜はカロリーの消費が少ないので、最も少ない量にします。

食事を摂るタイミングも注意

最も食事に注意しなければならないのは夜の食事です。21時以降は摂取禁止、18時くらいから食べ始めて20時までには夜の食事を済ませます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする